ubtuntu上のeclipseでperlをデバッグしてみる

$ sudo apt-get install eclipse
$ eclipse

eclipse-error.png

いきなりエラーで起動できない。

sunから jdk-1_5_0_15-linux-i586.binをダウンロードしてきて実行

$ sudo chmod 777 jdk-1_5_0_15-linux-i586.bin
$ sudo ./jdk-1_5_0_15-linux-i586.bin

これは解凍するだけのようだ。

https://help.ubuntu.com/community/JavaをみるとIcedTeaを薦めているが、ここでは謹製のsunのjavaを使った。eclipseを起動するときの表示からjavaを探しているパスをみて/usr/lib/j2sdk1.5-sunに移動。

$ sudo mv jdk1.5.0_15/ /usr/lib/j2sdk1.5-sun
$ eclipse

eclipse.png

無事起動できた。

まだperlの開発環境は入っていない。ここではEPICを入れる。メニューのHELP->Software Updates->Find and Installを選択。

screenshot-install-update.png

Search for new Features to installを選択して、nextをクリック。

New Remote Siteをクリックして以下のように入力

screenshot-new-update-site.png

でてきたEPICを選択して、Finishをクリックした後、以下のようにチェックを付ける。

screenshot-updates.png

next

screenshot-update-manager.png

screenshot-verification.png

リスタート

screenshot-new-project.png

New ProjectでPerlが表れる。ここではプロジェクト名をmyfirstperlとして作成。

screenshot-java-eclipse-sdk.png

myfirstperlを右クリックしてnew->fileを選択。ファイル名をstart.plをして作成。

screenshot-java-startpl-eclipse-sdk.png

適当なスクリプトを作成後セーブし、デバッグボタン(虫のボタン)をクリック。以下のように設定し、Debugボタンをクリックするとデバッグできる。

screenshot-debug.png

screenshot-debug-startpl-eclipse-sdk.png

しかし、PadWalkerがないため、ローカル変数を表示できないと表示されているのでインストールする。

$ sudo apt-get install libpadwalker-perl

eclipseを再起動後、ローカル変数が表示できるようになった。

screenshot-debug-startpl-eclipse-sdk-1.png

Posted in Uncategorized

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)