Windows + MingW + Eclipse CDTでWindowsアプリをつくる

投稿者: | 2016/11/28 月曜日

WindowsXPだとできない。Windows8.1でやる

MingWをインストール

http://www.mingw.org/
ここではC:\local\MingWにインストールする。

clipshot-2016-11-28-08-16-22

clipshot-2016-11-28-08-20-47

Eclipse CDTをインストール

makeにパスを通すため以下のバッチファイルを作成してこれで起動する。

set PATH=%PATH%;C:\local\MinGW\msys\1.0\bin
start eclipse.exe

パスが通ってるかはProcessHackerなどのツールで確認する。
clipshot-2016-11-28-08-32-28

XPだとメモリ問題で起動しないのでeclipse.iniを開いて-Xmx1024mを削除して起動。
[File]→[New]→[C++Project]を選択
clipshot-2016-11-28-08-34-48

Cross Compiler Pathを設定
clipshot-2016-11-28-08-36-31

プロジェクトができるので[Project]→[make all]でビルドする。
成功するとDebugディレクトリに実行ファイルができる。

デバッグの設定

RunDebug Configurationsを選択して以下のように設定
clipshot-2016-11-28-08-40-24

Debugボタンをクリックするとmainで止まってデバッグできる。

Win32アプリ

ソースファイルを以下のように変える。

#include <windows.h>
 
int WINAPI WinMain(
  HINSTANCE hInstance,
  HINSTANCE hPrevInstance,
  LPSTR lpCmdLine,
  int nCmdShow)
{
	MessageBox(NULL,"hello","hello",MB_OK);
	return 0;
}

コンソールを出力させないようにリンカオプションに-mwindowsを加える。
clipshot-2016-11-28-09-27-07

Debug Configurationを開いてmainで止まらないようにする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です