std::sortのリバースソートでinvalid comparator

リバースソートする場合はコンパレーターの戻り値を逆にするのはだめ。”<"の反対は">=”であって結果の反転じゃ意味が異なるため。
もともとのコパレーターの引数を反対にすることで対応する。

VCだとちゃんとチェックしてくれていてアサートに引っかかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です