qmakeでlreleaseがエラー

64ビットWindowsを使っていて、32ビットのコマンドプロンプトやエクスプローラからqmake関係を起動するとおかしくなることがある。qmakeに限らず、64ビット環境での64ビットアプリと32ビットアプリでは環境変数などが一部異なるので、ビルド環境では64ビットの純正コマンドプロンプトやエクスプローラを使ったほうがよい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です