VirtualBoxのホストオンリーネットから外部に接続する

企業などのLANでは内部のPCからそとへの80へのアクセスができなくて、プロキシなどを立てていることがあるので、それを再現したようなVMをつくる。

VirtualBoxのネットワーク設定でHost-only Adapterを選択する。
b76640bd-c82b-48bf-9dbf-63516a875844
ホストオンリーだとNATと違いパケットは外に出れない。このIPはVirtualBoxインストール時にできたネットワーク配下にある。ホストは”VirtualBox Host-Only Network”という仮想カードがつくられており、このカードとこのホストオンリーネットはつながっている。

ホストのアドレスは192.168.56.1になっているので、ここにプロキシを立てて仮想VMで参照する。

VirtualBoxはデフォルトでDHCPが動いているがこれも自分で立てるので無効にしておく。
c9ba117d-2885-4329-8cd3-65fd1f30ccfb

ホスト側でサーバを立てる。ここでは多機能で簡単なBlackJumboDogをつかう。
起動したらオプションプロキシブラウザを選択して有効にする。待ち受けアドレスは192.168.56.1にしておく、ACLで全部許可する。
fce7bddd-0919-4702-a4c4-50c8c0846594

同様にDHCPも立てる。
b59791ee-9d1a-42df-9f7e-931e350f4e18

VMを起動する。
IPアドレスがDHCPによって設定されるかを確認する。BJDにログが出る。

この段階では普通にブラウジングできないはず。
プロキシを192.168.56.1:8080に設定する。
cbcad556-af66-4720-9271-e6d457fb24c5

これでできた。

virtualboxでハードディスクを拡大する

12Gに拡大したいときは以下のようにコマンドラインから実行する

単位はMBで指定する。12288=12 * 1024

C:\Windows\Logs\CBSが重い

Windows8でとてもHDDが重くなったので調べていたら。
C:\Windows\Logs\CBSにあるログファイルが原因かもしれないと思った。
ここにあるログはTrusted Installerがつくるようだが、容量がとても大きくなり、いつも断片化が酷い。
なおかつNTFS圧縮をしていたので動作が遅くなったようだ