Windows 8でタスクバーに「デスクトップの表示」をつくる

タスクバー上にないアプリ(ここではメモ帳)のショートカットをデスクトップにつくり、名前を「デスクトップの表示」に変える。

このショートカットを起動して、タスクバーにピン止めする。

テキストエディタで以下のファイルをつくる。

これを適当な場所(ここではC:\T\)にファイル名を「デスクトップの表示.scf」として保存する。

エクスプローラで”C:\Users\<ユーザ名>\AppData\Roaming\Microsoft\Internet Explorer\Quick Launch\User Pinned\TaskBar”を開いて、メモ帳のショートカット「デスクトップの表示」削除して、今作ったファイルのショートカットをここにつくり、名前を「デスクトップの表示」変える。

ログオフするかエクスプローラを強制再起動する。

アイコンを変えたい場合は、このショートカットのプロパティから変える。

アイコンを選択
アイコンを選択

Windows7のタスクバーの時計を表示しない

※こんなやりかたしなくても普通にできました。コメントで教えていただきました。ありがとうございます。

タスクバーのプロパティをみても消す方法がわからなかったのでメモ。

[スタートボタン]→[プログラムとファイルの検索]に”gpedit.msc”と入力する。

起動したローカルグループポリシーエディターから[ユーザーの構成]→[管理用テンプレート]→[タスクバーとスタートメニュー]を選択し、システム通知領域に時刻を表示しないを有効にする。

localgpe

ログオンしなおすと時計が消える。