Mandriva 2009 インストールレポート その2

その1からのつづき。

インストールシステム

Mandrivaのインストールシステムはrpmを利用しているようで、urpmシリーズがリポジトリなどを管理する上位ツールとなっているようだ。さらにrpmdrakeがGUIツールとなっている用である。ここでは主にurpmを使う。

レポジトリソース

レポジトリソースは/etc/urpmi/urpmi.cfgにあるようだ。ここではここを参考に以下のようにした。
# mv /etc/urpmi/urpmi.cfg /etc/urpmi/urpmi.cfg.back
# urpmi.addmedia --distrib --mirrorlist '$MIRRORLIST'
# urpmi.addmedia --distrib --mirrorlist 'http://plf.zarb.org/mirrors/$RELEASE.$ARCH.list'

パッケージを探すurpmq

$ urpmq package # 普通に探す
$ urpmq --fuzzy package # ファジーに探す
$ urpmq -i package # パッケージの情報を表示

-aをつけると全部表示する。

パッケージをインストールするurpmi

# urpmi package

アップグレードする

# urpmi.update updates && urpmi --update --auto-select

日本語環境

日本語環境がまだできていないので、適当にやってみた。

# urpmi kde-i18n-ja
# urpmi kde4-l10n-ja
# urpmi fonts-ttf-japanese fonts-ttf-japanese-extra fonts-ttf-japanese-ipamona fonts-ttf-japanese-mplus_ipagothic

メニューから[Tools][Regional Settings]を選択。

# urpmi scim-anthy scim-input-pad scim-tomoe scim-bridge-qt4

この後ログオフしてサイドログインすることによりAnthyで日本語が入力できるようになった。切り替えはデフォルトで[Ctrl]+[SPACE]になっているが使いずらいので、Anthyのバーを右クリックして、[SCIM Setup]を選んで、以下のように設定して、全角半角キーにした。

デスクトップの設定からCountry and Regionを以下のように設定する。

テンキーが効かないので「コンピュータを設定」から以下のようにしてキーボードの種類をJapanese-106-keyにする。(要ログアウト)

以下のコマンドを実行してfirefoxを日本語化。
# urpmi firefox-ja

以下のコマンドを実行してOpenOffice.orgを日本語化。
# urpmi openoffice.org-l10n-ja openoffice.org-help-ja

Windowsの共有フォルダを自動マウントする

# urpmq samba-client autofs
# vi /etc/autofs/auto.master

# vi /etc/autofs/auto.smb
opts="-fstype=cifs"
を以下のように変える。
opts="-fstype=cifs,iocharset=utf8"

# mkdir /sambaauto
# chmod 777 /sambaauto

# chmod 755 /etc/autofs/auto.smb
# service autofs restart

# ls /sambaauto/192.168.0.100/

これで一覧が出てきたので成功。

音楽を再生

デフォルトではmp3はAmarokに関連付けされている。これは普通に再生できた。

動画を再生

# urpmi mplayer mplayerplugin
$ mplayer aaa.avi

再生できないのもあるがスルー。

パネルの設定

パネルを画面一杯にしたり、時計とかボタンとかの位置を変えるには、パネルの一番右の半円みたいなところをクリックして、編集モードにする。そうすると場所ボタンやルーラみたいなのが出るのでそれで画面一杯にできる。またボタンとかの場所も変えられる。

Mandriva 2009 インストールレポート その3

autofsを使ってsambaを自動マウント

オートマウントとはアクセスされたときに自動的にマウントするための仕組み。またアクセスがなかったときアンマウントする仕組み。ここではubuntuを使って行った。

まずautofsとsmbclientとが入っていなかったらインストールする。

$ sudo apt-get install autofs smbclient

/etc/auto.masterを編集して、以下の一行を加える

/sambaauto /etc/auto.smb

/sambaautoを作成し、あとあと面倒になったら嫌なのでなのでchmodしておく

$ sudo mkdir /sambaauto
$ sudo chmod 777 /sambaauto

autofsをインストールしたときに/etc/auto.smbが入っているはずなので確認し、chmod 755する。

$ sudo chmod 755 /etc/auto.smb

autofsを起動する。

$ sudo /etc/init.d/autofs start

あとは/sambaauto以下、コンピュータ名/フォルダ名でアクセスすれば、自動でマウントしてアクセスできる。コンピュータ名が駄目な場合はIPアドレスで試してみる。

$ cd /sambaauto/192.168.0.100/Share

用語整理:
automount : 実際にマウントするプログラム
autofs : 2つの意味がある。automountをコントロールするためのフロントエンド、そして設定ファイルの記述方法。