Ubuntuでフォントをインストールする

Ubuntuのフォント関係はfontconfigライブラリで管理されている。fontconfigはアプリとフォントをつなぐライブラリで、アプリとフォントの管理を一元化する。

ここでは、ふい字とふい字Pフォントをインストールしてみる。

ふい字置き場から、HuiFont29.lzhとHuiFontP29.lzhをダウンロードし解凍する。解凍するためにはlhaが必要なのでインストール。

$ sudo apt-get install lha

あとはfile-rollerでlzhを扱えるので、なかにあるttfファイルを~/.fonts/に移動させる。このディレクトリはfontconfigの設定ファイル/etc/fonts/fonts.confに記述されている。

次に30秒待つ。fontconfigの設定は30秒毎に読み直されるので反映するまで待つ。この設定はfontconfig設定ファイルのrescanに記述されている。

30秒たったら、適当なフォントダイアログを出してフォントを設定できる。ここではgeditで行った。geditを起動し[編集]→[設定]から[ふい字]を選ぶ。

Nautilusで常にフォルダを表示する

FedoraやCentOSのNautilus(ファイルマネージャ)は起動したときにフォルダビューを表示してくれない。コマンドラインで以下のように起動すればフォルダビューを表示できるが、それをパネルやデスクトップから起動した場合でも、デフォルトで表示させる方法。

コマンドラインでフォルダビューをつけて起動させる。

$ nautilus –browser

デフォルトでフォルダビューをつけて表示させる

デフォルトで表示させるためにはgconfの設定を変えればいい。gconfとはWindowsでいうところのレジストリみたいなもの(参考)。gconfの設定を変えるにはgconf-editorを使うのが簡単。

gconf-editorを起動して、以下のように/apps/nautilus/preferences/always_use_browserをチェックすればフォルダビューつきで起動するようになる。

debianでデフォルトのブラウザを設定する

デフォルトのブラウザの設定の方法は色々あるみたいでアプリによってどこを見るのかが違うようです。

1、httpプロトコルハンドラを見る場合

gconf-editorを起動して、/desktop/gnome/url-handlers/http/commandの値を”firefox %s”などに設定する。

2、デフォルトのブラウザを設定を見る場合

gconf-editorで/desktop/gnome/applications/browser/execの値を”firefox”などに設定する。

3、x-www-browserを見る場合

以下のようにupdate-alternativesやgalternativeなどで設定を変える。