svnでリードオンリーにする

/repodir/repos/conf/svnserve.confでauthz-dbを有効にする

/repodir/repos/conf/passwdにリードオンリーユーザを加える

/repodir/repos/conf/authz-dbでリードオンリーに設定する。セクションのパスはレポジトリのパス

svnサーバを再起動して実験

svnコマンドに–username readonlyをつければreadonlyユーザでのアクセスになる。

コミットしようとすると以下のエラー

svnで特定のファイルやフォルダを無視する

1,特定のファイルを無視する
ファイル名の拡張子がbmpのファイルを無視する場合。
ここではmyprojの下にあるbmpファイルを無視する。

以下を追加

2,特定のフォルダを無視する
logフォルダがあり、このフォルダはco時、空のフォルダを作成して欲しいけど中のすべてのファイルを無視する場合。

以下を追加

確認するにはフォルダに移動して、以下を実行

svnのサーバのアドレスが変わっときのクライアント設定

svnサーバのアドレスが192.168.0.10から192.168.0.20に変わり、ローカルにはすでに192.168.0.10のときに持ってきたファイルがある場合は以下のコマンドでアドレスを変更できる。

$ svn switch --relocate svn://192.168.0.10 svn://192.168.0.20

cvsの場合は、.CVS/の中のファイルを開いて直接変更できる。