ユーザ用ツール

サイト用ツール




サイドバー

C++/CLI

CLR

実用編

その他

cli:interior_ptr

interior_ptr

interior_ptrはマネージヒープ上にあるvalue typeや基本型を指すためのポインタです。

以下のコードを考えます。

ref class R
{
public:
    Object o;
    int i;
};
void set100(int* i)
{
    *i = 100;
}
int main()
{
    R^ r = gcnew R;
    set100(&r->i);
}

このコードはset100()でエラーになります。マネージヒープ上にあるものはポインタで受け取ることはできません。マネージヒープ上のデータはいつ場所が変わるかわからないため、純粋なアドレスを保持するポインタではまずいのです。

そこで以下のようにして見ます。

ref class R
{
public:
    Object o;
    int i;
};
void set100(int^ i)
{
    i = 100;
}
int main()
{
    R^ r = gcnew R;
    set100(r->i);
}

こうするとset100()のところではr→iはボックス化されてしまい、100がセットされるのは、新しく作られたintインスタンスに対してです。このインスタンスはいずれ捨てられてしまいます。

そこでinterior_ptrを用いて以下のように書きます。

ref class R
{
public:
    Object o;
    int i;
};
void set100(interior_ptr<int> i)
{
    *i = 100;
}
int main()
{
    R^ r = gcnew R;
    set100(&r->i);
}

これでr→iを変更することができます。また普通のint*をset100()に渡すこともできます。

また、トラッキング参照を用いて以下のように書くこともできます。

ref class R
{
public:
    Object o;
    int i;
};
void set100(int% i)
{
    i = 100;
}
int main()
{
    R^ r = gcnew R;
    set100(r->i);
}

トラッキング参照も、普通のintを受け取ることができます。




/var/www/html/virtual/cppcli/data/pages/cli/interior_ptr.txt · 最終更新: 2013/12/23 09:08 (外部編集)