ユーザ用ツール

サイト用ツール




サイドバー

C++/CLI

CLR

実用編

その他

clr:アセンブリその2

アセンブリその2

C++/CLIで作成したEXEやDLLファイルの中身は、中間コードとメタデータです。中間コード(IL:Intermediate Language)はCLRが理解するコードです。メタデータにはさまざまなものがあります。その中の一部を紹介します。

まず第一に、プログラムで定義したすべてのクラスの情報が入っています。クラスの情報はクラス名、アクセス指定子などをはじめとして、すべての情報が入っています。

次のそのアセンブリについての情報が入っています。これには名前、バージョン情報などです。

その他に、このアセンブリが参照しているアセンブリの情報などがあります。




/var/www/html/virtual/cppcli/data/pages/clr/アセンブリその2.txt · 最終更新: 2013/12/23 09:08 (外部編集)