PukiWiki


文字列の特性

_ 文字列の特性

_ python

文字列は変更できない。

>>> word[0] = 'x'
Traceback (most recent call last):
  File "<stdin>", line 1, in ?
TypeError: object doesn't support item assignment

その場合は新しい文字列を作る。

>>> 'x' + word[1:]
'xelpA'

_ スライス演算

配列の添字に:を使う。

>>> word[:2] + word[2:]
'HelpA'
>>> word[:3] + word[3:]
'HelpA'

_ 添字にマイナス指定

マイナスを指定すると後ろから見る

>>> word[-1]     # 末尾の文字
'A'
>>> word[-2]     # 末尾から 2 つめの文字
'p'
>>> word[-2:]    # 末尾の 2 文字
'pA'
>>> word[:-2]    # 末尾の 2 文字を除くすべて
'Hel'

スライス演算の配列の添字は大きさをオーバーしてもエラーにならずに空文字になってくれる。 普通の整数の場合はオーバーするとエラーになる。

_ Ruby

C言語に近い、中身を替えると、同じオブジェクトを持つ変数も変わる。

a = "AAA"
b = a
a[1] = "B"
puts a #=>ABA
puts b #=>ABA

%演算、文字列%配列でsprintf見たいなことができる。

a = "Taro"
b = 50
c = "%s is %d years old." % [a,b]
puts c #=>Taro is 50 years old.
 
Link: MenuBar(91d)
Last-modified: 2017-07-19 (水) 22:33:29 (91d)