Ambiesoft

Print this page

ヘルプ

DnabBandExはインターネットエクスプローラ(IE)のツールバーにボタンを追加していろいろな機能を追加するソフトウェアです。


セットアップ

アップデート方法
IEをすべて終了させ、解凍したファイルを上書きしてください。

インストール方法
インストールしたい場所に新しくフォルダを作り、アーカイブファイル(DnabBandExXXX.lzh)をそのフォルダに解凍してください。
次にSetup.exeを実行して、画面の指示にしたがってください。

DnabBandExのインストール作業が終了した後では、フォルダの移動をすることはできません。フォルダを移動したい場合は、一度アンインストールしてから、フォルダを移動し再びインストールしてください。

アンインストール方法
IEを起動している場合には終了させます。次にSetup.exeを実行し、アンインストールしてください。アンインストールが成功したら、フォルダごとDnabBandExを削除してください。

IEが起動中だと、DnabBandEx.dllを削除することはできないので気をつけてください。

実行方法
IEを起動して、[ツールバー]->[DnabBandEx]を選択してください。

IEのメニューのツールバー表示がおかしくなることがありますが、これはIEのバグか仕様らしいのです。


機能
ページ内検索機能
表示中のページ内の特定の文字列を検索する機能です。
  • 現在IE上で選択されている文字列を検索したいときはCTRLキーとSHIFTキーを押しながら、Dnabボタンをクリックします。
  • 任意の文字列を検索したいときは、アドレスバーに文字列を入力後、マウスの右ボタンを押しながら、Dnabボタンをクリックします。
    また、ホイールマウスのホイールボタンをクリックしても、アドレスバーの文字列をページ内検索できます。
  • クリップボード上の文字列を検索したいときは、マウスの右ボタンと、 CTRLキーを押しながら、Dnabボタンをクリックします。
上記の作業を一度行うと、その検索文字列が内部に記憶されます。内部に検索文字列が記憶されているときは、CTRLキーを押しながらDnabボタンを押すことで下に検索、SHIFTキーを押しながらDnabボタンを押すことで下に検索できます。また、マウスポインタをDnabボタンの上において、ホイールマウスのホイールを下へ回転させると、下へ、上へ回転させると上に検索できます。

ハイライト機能
表示中のページ内の特定の文字列をハイライトする機能です。

上記の作業を行うと、その検索文字列が内部に記憶されます。


Web検索機能
Web検索する機能です。あらかじめ検索用のサイトを登録しておく必要があります。

上記の作業を行うと、その検索文字列が内部に記憶されます。


ソースをエディタで開く
任意のエディタでソースを表示します。あらかじめエディタプログラムを登録しておく必要があります。エディタプログラムは第一引数にファイル名を指定してオープンできるものでなければなりません。


ページのシンプル化
グローバルなスタイル設定を解除し、色設定をシステム標準にします。読みにくいページで使います。

選択文字列をURLとして開く
IE上で選択している文字列をURLとして開きます。SHIFTキーを押しながら実行すると、新しいIEで開きます。

引用つきコピー(自動改行)
1行を70文字程度で改行しながら、選択文字列に引用符(デフォルトは < )をつけてクリップボードにコピーします。仕様上、期待した結果が得られないことがあります。

引用つきコピー
選択文字列に引用符(デフォルトは < )をつけてクリップボードにコピーします。

HTMLコピー
選択されている部分のHTMLをクリップボードにコピーします。

切り取り・貼り付け
選択されている部分を切り取り、貼り付けします。

行の高さ
行の高さを変更します。100%で行間が0になり、200%で行間が一行分になります。

元に戻す/やり直す
切り取り・貼り付け作業に対してのみ有効です。


常に最上位に表示
IEを常に最上位に表示します。他のウインドウの下に配置されなくなります。

このウインドウに合わせる
他のIEの大きさと位置を現在のIEと同じにします。

指定サイズへ
あらかじめ指定されているサイズにIEを変更します。


定型文の挿入
あらかじめ設定されている定型文をテキストエリアに書き込みます。テキストエリアにキーボードフォーカスされている状態でのみ、実行できます。この機能はクリップボードを経由して行われます。


マルチメディア
マルチメディア設定の切り替えを行います。


セキュリティ
セキュリティの切り替えを行います。この設定はIEオプションのセキュリティのインターネットゾーンに対する切り替えを行います。


お気に入り一括登録/オープン
現在開いているページをお気に入りに登録します。一括して開くには、フォルダをDnabボタンへドラッグドロップします。

キャッシュ削除
各種キャッシュの削除を行います。


設定

ナビゲート時のシフトキーの機能を逆にする
デフォルトではナビゲートを伴う操作時にシフトキー(またはマウスの右ボタン)を押していると新しいIEを表示して開きます。チェックを付けるとシフトキーを押しているとき現在のウインドウで開くようになります。

ソース表示用ファイルの拡張子に.htmlを追加する
エディタでソースを表示する際にはTempフォルダにファイルが作られます。このときに拡張子.htmlを付けるかどうかを指定します。拡張子によりエディタプログラムの動作が変わる仕様のあるエディタに対して使います。

Web検索時にグループアイテムのみを表示
デフォルトではWeb検索実行時、登録されているWeb検索サイトと、 Web検索グループ名がメニューに表示されます。チェックをつけると Web検索グループのみをメニューに表示します。

引用つきコピー時の引用文字列
引用つきコピー機能または引用つきコピー(自動改行)機能を使ったときの引用符を指定します。半角で31文字までの文字列を指定できます。

ウインドウの指定サイズ
「指定サイズへ」機能を実行させたときの、ウインドウのサイズを指定します。

最近検索した単語の表示数
最近検索した単語は、保存されており、検索メニューに一覧で表示されます。その一覧に表示する単語数を指定します。

ハイライトタグ
ハイライト機能を使ったときに検索した単語に適用される、開始タグと終了タグを指定します。

つねにメニューに表示する検索ワード
ここに入力された単語は、つねに検索メニューの単語の一番下に表示されます。頻繁に検索する単語がある場合は、ここに登録しておくと便利です。


エディタ
ソース表示用のエディタを名前を付けて登録します。名前とエディタへのパスを入力後「追加」ボタンを押して登録してください。

Web検索
Web検索用のサイトを名前を付けて登録します。名前とURLを入力後「追加」ボタンを押して登録してください。

URLの中の検索文字列が挿入される位置を[MYSEARCHWORD]に置き換えてください。

検索語の自動取り込み
検索サイトなどで検索した単語をDnabBandExに取り込み、ページ内検索などがすぐ利用できるようになります。


"aaa"を検索した場合の結果が以下のようなURLだった場合
http://www.example.com/ddd?word=aaa
ホストに"www.example.com"または"example.com"
CGIパラメタに"word"を指定します。
オブジェクトに"ddd"を指定します。オブジェクトを指定しないとすべてのオブジェクトが適用されます。
また、正規表現で検索語を取り込む場合は ( と ) で取り込む位置を指定します。
入力例:http://www\.example\.com/abc/(.*)\?$

以下、執筆中


制限
登録数の上限
エディタ:300
WEB検索:1000
定型文:1000
セキュリティ:100

 


Previous page: ダウンロード
Next page: kk