Print this page

コマンドライン

このヘルプはSnatteiをコマンドラインで使用するときの説明です。

*snatteiコマンドライン
・すべてのオプションはアルファベット2文字で構成される。
・すべてのオプションは引数をとる。
・オプションで指定されていないものは、iniファイルの設定が使われる。

-rf <referer> : リファラーを指定する。
-to <timeout> : タイムアウト値を指定する、単位は秒、デフォルトは300
-fs <1|0> : ダンロード完了時wavファイルを再生するかを指定する。
-sf <wavfile> : ダンロード完了時のwavファイルを指定する。
-ap <anonymouspass> : FTPログイン時のアノニマスパスを指定する。デフォルトは snatteiuser@
-ic <1|0> : ダウンロードの一時保存先にIEのキャッシュを使かを指定する。
-ac <1|0> : ダウンロードが終了したら自動で閉じるかを指定する。
-pr <proxy> : プロキシを指定する。
-pn <1|0> : プロキシでキャッシュを無効にするかを指定する。
-td <targetdir> : ファイルの保存先フォルダを指定する。
-sp <1|0> : 分割ダウンロードするか指定する。
-sl <1|0> : ダウンロード速度制限をするか指定する。
-ss <speed> : ダウンロード速度制限値を指定する。単位はkb/s
-nr <1|0> : リダイレクトしないかを指定する。
-ie <1|0> : エラーが返されてもリトライするか指定する。
-rn <1|0> : レジュームできないときはやり直すかを指定する。
-nd <1|0> : 起動時のダイアログを表示しないかを指定する。
-iw <1|0> : 同名のファイルが存在するとき警告を行わないかを指定する。
-ar <1|0> : 同名のファイルが存在するとき自動でリネームして保存するかを指定する。
-ik <1|0> : IEのクッキーを送信するかを指定する。
[例]
snattei -rf http://www.example.com/index.html -to 10 -td c:\down -sl 1 -ss 50 -rn 1 http://www.example.com/file.zip

メインの引数はhttp://またはftp://で始まっていればURLとみなし、それ以外の場合は途中ファイル(.snatteit)が
指定されたものとみなす。


*ストリームなどをダウンロードしていて、もうダウンロードできなくてあきらめるしかない場合で、
途中まででもいいからplayしたい場合、.snatteitの先頭500kb(1024*500byte)を取り除かなくてはならない。


*SnatteiDLM.dllからsnatteiが起動されるときのオプション指定はSnatteiDLM.iniに"Options"のキー
を追加して行える。

[追加した後のiniファイルの例]
[Main]
AllowLoad=iexplore.exe;Luna.exe
PrevDownloadUI=
Options=-iw 1 -ar 1


*SnatteiDLM.dllからsnatteiを起動させるときの指定キーをダイアログで表示されている以外もの
(矢印キーや'A'キー)にしたいときは、SnatteiDLM.iniの"SpecialVKey"の値をそのキーの仮想キーコード
に10進数で設定する。

Previous page: ダウンロード中
Next page: tbnarabi