Tag Archive for コリカGT

雇用、利子、カネの一般理論 009

It follows that in a given situation of technique, resources and factor cost per unit of employment, the amount of employment, both in each individual firm and industry and in the aggregate, depends on the amount of the proceeds which the entrepreneurs expect to receive from the corresponding output.[4]

個々の会社、産業におけるまたは総計における与えられた技術、資源、そして雇用の単位毎の要素コスト、雇用の量、は収益の量–それは企業家がそれに対応する産出から期待するのであるが–に依存する。

For entrepreneurs will endeavour to fix the amount of employment at the level which they expect to maximise the excess of the proceeds over the factor cost.

なぜなら、企業家はある水準で、雇用の量を固定しようと努力する。その水準とは彼らが要素コスト上の収益を最大化するよう期待する水準である。

—————

4.An entrepreneur, who has to reach a practical decision as to his scale of production, does not, of course, entertain a single undoubting expectation of what the sale-proceeds of a given output will be, but several hypothetical expectations held with varying degrees of probability and definiteness.

4.企業家–彼は生産の規模によって現実的決定に至るのであるが–はひとつの疑われないような期待–与えられた産出の販売収益に対する–を考慮するわけではなく、いくつか変化する蓋然性と確実性の程度をともなう仮説的期待を考慮する。

By his expectation of proceeds I mean, therefore, that expectation of proceeds which, if it were held with certainty, would lead to the same behaviour as does the bundle of vague and more various possibilities which actually makes up his state of expectation when he reaches his decision.

私の意味する彼の収益の期待によって、それゆえに、彼が決定に到達したとき、収益の期待は–もしそれが確実さとともに抱かれるなら–以下のようなものと同じ行動に導く、すなわち、あいまいでより可変的な可能性により実際にかれの期待の状態を形成するように。

可能性→期待状態 = 収益の期待→決定
同じ行動様式

雇用、利子、カネの一般理論 008

Chapter 3.The Principle of Effective Demand

第3章 効果的需要の原理

I
WE need, to start with, a few terms which will be defined precisely later.

I
われわれはまずはじめに、いくつかの用語が必要だ。それらは後で正確に定義されるが。

In a given state of technique, resources and costs, the employment of a given volume of labour by an entrepreneur involves him in two kinds of expense:

ある与えられた技術、資源、コストで企業家によって雇われた一定の労働量は2種類の費用をもたらす。

first of all, the amounts which he pays out to the factors of production (exclusive of other entrepreneurs) for their current services, which we shall call the factor cost of the employment in question;

まず第1に、彼らの現在のサービスのために生産の要素に払う量(他の企業家を入れないで)、今問題になっているそれを雇用の要素コストをわれわれは呼ぶだろう。

and secondly, the amounts which he pays out to other entrepreneurs for what he has to purchase from them together with the sacrifice which he incurs by employing the equipment instead of leaving it idle, which we shall call the user cost of the employment in question.[1]

第2に、他の企業家に払う量、これは設備を稼動させることにより招きよせる犠牲とともに購入しなければならない。今問題となっているこれをわれわれは雇用のユーザコストと呼ぶだろう。

ケインズにとっては生産に寄与するすべての行為がemployなんだろう。そしてその1が労働に支払われ、2つめが設備に支払われる。

The excess of the value of the resulting output over the sum of its factor cost and its user cost is the profit or, it we shall call it, the income of the entrepreneur.

結果としての産出の価値が、要素コストとユーザコストの合計を超過した部分、それが利益である。または企業家の収入とわれわれは呼ぶだろう。

この話はわかりやすいが、ケインズはまだ価値についてなにも言っていないので、まだ論理にはならない。

The factor cost is, of course, the same thing, looked at from the point of view of the entrepreneur, as what the factors of production regard as their income.

企業家の視点から見れば、要素コストとは生産の要素が彼らの収入とみなされることと同じである。

この記述から生産(production)が生み出す価値と、産出(output)が生み出したが価値はべつの価値ということか?この言葉の使い分けにも注意が必要と思われる。

Thus the factor cost and the entrepreneur’s profit make up, between them, what we shall define as the total income resulting from the employment given by the entrepreneur.

このように、要素コストと企業家の利益は、それらの間で次のようなもを作り上げる。つまり企業家によって与えられた雇用の結果としての全収入を。

employは面倒なので全部「雇用」と訳す。

The entrepreneur’s profit thus defined is, as it should be, the quantity which he endeavours to maximise when he is deciding what amount, of employment to offer.

このように定義された企業家の利益は、当然だが、かれが雇用の量を決めて最大化しようとするものの量のことである。

It is sometimes convenient, when we are looking at it from the entrepreneur’s standpoint, to call the aggregate income (i.e. factor cost plus profit) resulting from a given amount of employment the proceeds of that employment.

企業家の立場から見た場合次のように呼ぶと便利だ。与えられた雇用の量の結果としての総計収入(要素コスト+利益)のことを雇用の収益と呼ぶと。

On the other hand, the aggregate supply price[2] of the output of a given amount of employment is the expectation of proceeds which will just make it worth the while of the entrepreneurs to give that employment.[3]

一方で、与えられた雇用量の産出の総計供給価格は収益の期待である。これによって企業家は雇用を与えるに値するものと考えるのだ。

———————

1. A precise definition of user cost will be given in Chapter 6.

1.ユーザコストの正確な定義は6章で行う。

2. Not to be confused (vide infra) with the supply price of a unit of output in the ordinary sense of this term.

2.産出の単位の供給価格を日常的感覚の言葉を混同しないように(下を見ろ)

3. The reader will observe that I am deducting the user cost both from the proceeds and from the aggregate supply price of a given volume of output, so that both these terms are to be interpreted net of user cost;

 

whereas the aggregate sums paid by the purchasers are, of course, gross of user cost. The reasons why this is convenient will be given in Chapter 6. The essential point is that the aggregate proceeds and aggregate supply price net of user cost can be defined uniquely and unambiguously; whereas, since user cost is obviously dependent both on the degree of integration of industry and on the extent to which entrepreneurs buy from one another, there can be no definition of the aggregate sums paid by purchasers, inclusive of user cost, which is independent of these factors. There is a similar difficulty even in defining supply price in the ordinary sense for an individual producer; and in the case of the aggregate supply price of output as a whole serious difficulties of duplication are involved, which have not always been faced. If the term is to be interpreted gross of user cost, they can only be overcome by making special assumptions relating to the integration of entrepreneurs in groups according as they produce consumption-goods or capital-goods which are obscure and complicated in themselves and do not correspond to the facts. If, however, aggregate supply price is defined as above net of user cost, thew difficulties do not arise. The reader is advised, however, to await the fuller discussion in Chapter 6 and its appendix.

雇用、利子、カネの一般理論 007

Chapter 2
The Postulates of the Classical Economics

第2章

古典経済学の前提

MOST treatises on the theory of value and production are primarily concerned with the distribution of a given volume of employed resources between different uses and with the conditions which, assuming the employment of this quantity of resources, determine their relative rewards and the relative values of their products.

生産と価値に関するほとんどの論文は、与えられた使われた資源の量、これの分配に関心を持ってる。資源の使い方とかどんな条件でとか。でそれは報酬と製品の価値を決める。

The question, also, of the volume of the available resources, in the sense of the size of the employable population, the extent of natural wealth and the accumulated capital equipment, has often been treated descriptively.

利用可能な資源は?という問いもよく書かれた。人口とか天然資源とか資本とか。

But the pure theory of what determines the actual employment of the available resources has seldom been examined in great detail.

だがしかし、利用可能な資源の実際の使用を決断させるものは何なのか?それを考える純粋な理論はほとんどない。

To say that it has not been examined at all would, of course, be absurd.

ぜんぜんないなんていってねーよ。

For every discussion concerning fluctuations of employment, of which there have been many, has been concerned with it.

使用の変動についてはよく語られるから、そういう中にはあるんだろう。

I mean, not that the topic has been overlooked, but that the fundamental theory underlying it has been deemed so simple and obvious that it has received, at the most, a bare mention.[2]

見過ごされてきたというより、あたりまえすぎてスルーされてきたってことだ。

I

The classical theory of employment — supposedly simple and obvious — has been based. I think, on two fundamental postulates, though practically without discussion, namely:

I

古典理論での使用には2つの前提がある。それについて議論なんかされてないけどな、つまり・・・

i. The wage is equal to the marginal product of labour
i. 賃金は労働の境界製品に等しい

That is to say, the wage of an employed person is equal to the value which would be lost if employment were to be reduced by one unit (after deducting any other costs which this reduction of output would avoid); subject, however, to the qualification that the equality may be disturbed, in accordance with certain principles, if competition and markets are imperfect.

つまり、雇われた人の賃金は、使用が1単位減少らされたとしたとき失われるであろう価値、に等しい。(この産出の減少が回避するであろう他の色々なコストを控除したあと)。しかしながら、この資質の影響下にある。それは品質を乱すかもしれないものだが、それもある原理に基づいているだろう、もし競争と市場が不完全なら。

英語としてもわかりにくいし、内容もあいまい。抽象的ではなくあいまい。まず価値という言葉が出てきたが、これは深く考えない自明のもののようだ。employの訳し方だが、ケインズはこの言葉を商品(労働を含めた)の使用という様に使っているようだ。qualificationとかqualityとかもいきなり出てきた。これが学問の言葉なのだろうか?読んでて頭にくる文章だ。

ii. The utility of the wage when a given volume of labour is employed is equal to the marginal disutility of that amount of employment.
ii. 与えられた労働の量が使用されたときの賃金の効用は、使用の量の境界不効用に等しい。

volumeとamountの違いは何か?説明がない。

That is to say, the real wage of an employed person is that which is just sufficient (in the estimation of the employed persons themselves) to induce the volume of labour actually employed to be forthcoming;

つまり、雇用された人の実質賃金は、労働の量–来るべき実際の雇用–を引き起こすのにちょうど十分なものとなる。十分かどうかってのは雇われた人達、彼ら自身の評価の中にある。

realって実質て訳されるものなのか。

subject to the qualification that the equality for each individual unit of labour may be disturbed by combination between employable units analogous to the imperfections of competition which qualify the first postulate.

資質の影響下にある。資質ってのは品質だけどな、労働のそれぞれ個々の単位での品質な。で、その資質は、雇用可能な単位達の結合によって乱されるんだよ。単位達っつーのは、競争の不完全さに似てるけどな。その競争は最初の前提を保障するぜ。

全然わからん。訳す気しねー。

Disutility must be here understood to cover every kind of reason which might lead a man, or a body of men, to withhold their labour rather than accept a wage which had to them a utility below a certain minimum.

不効用ってのはここでは次のように理解しないとだめだ。つまりそれは、ある男または男の身体は、ある最小限度より低い効用を押し付けられるような賃金を受け取るよりもむしろ労働を控えるかもしれないようなすべての理由として。

Disutilityとは人間が仕事をしないすべての理由と考える。

This postulate is compatible with what may be called ‘frictional’ unemployment.

この前提は、’摩擦的’失業と言われているかも知れないものと両立する。

For a realistic interpretation of it legitimately allows for various inexactnesses of adjustment which stand in the way of continuous full employment:

というのも、その現実的な解釈は合法的に、途切れることのない完全雇用を阻む様々な調整の不正確さを考慮するから。

for example, unemployment due to a temporary want of balance between the relative quantities of specialised resources as a result of miscalculation or intermittent demand;

例えば、特別扱いされた資源の相対的な量の間のバランスの一時的欲求による失業、その資源は計算間違いの結果として、または断続的な需要の結果としてのものだが。

or to time-lags consequent on unforeseen changes; or to the fact that the change-over from one employment to another cannot be effected without a certain delay, so that there will always exist in a non-static society a proportion of resources unemployed ‘between jobs’.

または予期不能な変化の結果としての時間差(による失業)、または1つの雇用から他の雇用への移行は遅延に影響されるという事実(による失業)、よっていつも非静的な社会には、失業している’仕事間’の資源にはある比率がある。

いまは古典経済が前提としているもの(不効用)の話をしているはず、その例えとしてこれらが書かれている。とするならケインズはマクロな視点でこういうことが前提だ、と考えているのだろう。

In addition to ‘frictional’ unemployment, the postulate is also compatible with ‘voluntary’ unemployment due to the refusal or inability of a unit of labour, as a result of legislation or social practices or of combination for collective bargaining or of slow response to change or of mere human obstinacy, to accept a reward corresponding to the value of the product attributable to its marginal productivity.

’摩擦的’失業に加えて、前提は、’自発的な’失業と両立する。それは労働単位の無力や拒否、それは法制や社会習慣からくるのだが、または団体交渉による連合の結果として(くるのだが)、または変化への遅い反応、または単なる人間の頑固さ、そういった拒否はすわなち、その境界生産性に帰する製品の価値に相当する報酬を受け入れることの拒否である。

But these two categories of ‘frictional’ unemployment and ‘voluntary’ unemployment are comprehensive.

しかしこれら2つの’摩擦的’失業と’自発的’失業のカテゴリーは包括的である。

The classical postulates do not admit of the possibility of the third category, which I shall define below as ‘involuntary’ unemployment.

古典的な前提は、第3のカテゴリーの可能性を認めていない、それは以下で定義する’非自発的’失業だ。

やっと始まってきた気がする。

Subject to these qualifications, the volume of employed resources is duly determined, according to the classical theory, by the two postulates.

これらの制限の元、古典理論によれば、雇用の量はこの2つの前提で正当に決定される。

The first gives us the demand schedule for employment, the second gives us the supply schedule;

最初の前提は、われわれに雇用の需要スケジュールを与える。2つのめ前提はわれわれに供給スケジュールをあたえる。

最初の前提とは、摩擦的失業、2つめは自発的失業だった。これが「われわれ」にとって需要と供給になるとは、「われわれ」とは雇主であり労働者ではないってことだ。

and the amount of employment is fixed at the point where the utility of the marginal product balances the disutility of the marginal employment.

そして雇用の量は、境界製品の効用と境界雇用の不効用がバランスする点で固定される。

It would follow from this that there are only four possible means of increasing employment:

このことから次のようになる。つまり雇用を増やすための方法は4つしかない。

(a) An improvement in organisation or in foresight which diminishes ‘frictional’ unemployment;

(a) 組織の改善、または’摩擦的’失業をなくす展望の改善

(b) a decrease in the marginal disutility of labour, as expressed by the real wage for which. additional labour is available, so as to diminish ‘voluntary’ unemployment;

(b) 真の賃金と表現される労働の境界不効用の減少、その真の賃金のために追加的労働は’自発的’失業をなくすために利用可能である。

(c) an increase in the marginal physical productivity of labour in the wage-goods industries (to use Professor Pigou’s convenient term for goods upon the price of which the utility of the money-wage depends);

(c) 賃金財産業における労働の境界物理的生産性の増加(賃金財産業ってのはピグー教授の便利な用語で、カネ賃金の効用が依存している商品の価格のこと)

(d) an increase in the price of non-wage-goods compared with, the price of wage-goods, associated with a shift in the expenditure of non-wage-earners from wage-goods to non-wage-goods.

(d) 非賃金財の価格の増加、賃金財と比較して、賃金財から非賃金財への非賃金所有者の支出の変化と結びついている。

わからん。ピグー知らないし。

This, to the best of my understanding, is the stance of Professor Pigou’s Theory of Unemployment — the only detailed account of the classical theory of employment which exists.

これは、私が知る限りでの、ピグー教授の失業の理論のスタンスだ。存在する唯一の雇用の古典理論の詳細な説明だ。

雇用、利子、カネの一般理論 006

Chapter 1

第1章

The General Theory

一般理論

I HAVE called this book the General Theory of Employment, Interest and Money, placing the emphasis on the prefix general.

私はこの本を雇用、利子、カネの一般理論と呼んでいる一般ってところを強調してる。

The object of such a title is to contrast the character of my arguments and conclusions with those of the classical[1] theory of the subject, upon which I was brought up and which dominates the economic thought, both practical and theoretical, of the governing and academic classes of this generation, as it has for a hundred years past.

こんなタイトルにした目的は、私の言いたいことと古典理論の結論とを特徴づけるためなんだ。この古典理論を私は学んだし、それは経済の思考を支配したね。もちろんプラクティカルにも理論的にも。同世代の学問も支配してた。100年も前からな。

I shall argue that the postulates of the classical theory are applicable to a special case only and not to the general case, the situation which it assumes being a limiting point of the possible positions of equilibrium.

古典理論の前提ってやつは特別な場合にしかあてはまらないんだよ。つまり一般的にはあてはまんねーの。つまり均衡の可能な範囲、その限界を想定してるんだよ。そういうことについて俺は論ずるね。

Moreover, the characteristics of the special case assumed by the classical theory happen not to be those of the economic society which we actually live, with the result that its teaching is misleading and disastrous if we attempt to apply it to the facts of experience.

それよりも、特別な場合ってのは、経済社会ではありえないんだよ。俺達が生きてるこの世では。だからそんなことばっかりやって、現実にこんな経済学適用してるとやばいんだよ。事実に照らしていってんだよ。

———————————————————-

1. “The classical economists” was a name invented by Marx to cover Ricardo and James Mill and their predecessors, that is to say for the founders of the theory which culminated in the Ricardian economics.

”古典経済学者”ってのはマルクスが言い出したの。リカードとミルとかもっと前のやつらのことを言ったの。リカーディアン経済学で頂点を極めたやつのことだよ。

I have become accustomed, perhaps perpetrating a solecism, to include in “the classical school” the followers of Ricardo, those, that is to say, who adopted and perfected the theory of the Ricardian economics, including (for example) J. S. Mill, Marshall, Edgeworth and Prof. Pigou.

もっとも俺の場合は”古典学派”って言うけどな。これはリカードの後のやつらも入ってるし、まぁそいつらはリカーディアン経済学を完成させたんだけどな、ミルとか、マーシャルとか、エッジワーストかピグーのことな。

 

雇用、利子、カネの一般理論 005

The composition of this book has been for the author a long struggle of escape, and so must the reading of it be for most readers if the author’s assault upon them is to be successful,— a struggle of escape from habitual modes of thought and expression.

この本の構成は、筆者にとって逃避の長い闘いだったし、読者がこの本を読むときもそうだろう。筆者の攻撃が成功するならだけどね。-見慣れた思考と表現からの逃避との闘い。

逃避ってのは読むの止めたってことじゃなくて、見慣れた思考からの逃避ってことか。英語圏の人にはそうかもね。というより英語の方が難しくて困る。

The ideas which are here expressed so laboriously are extremely simple and should be obvious.

ここで難儀して表現した考えはとってもシンプルでそれゆえ明白であるはず。

The difficulty lies, not in the new ideas, but in escaping from the old ones, which ramify, for those brought up as most of us have been, into every corner of our minds.

その難しさは、新しい考えの中にあるのではなく、古い考えから逃避することにある。古い考えは、普通の人と同じように育った人々にとって、思考の隅々まで行き渡ってるから。

J. M. Keynes

J.M.ケインズ

December 13, 1935

1935年12月13日

雇用、利子、カネの一般理論 004

The writer of a book such as this, treading along unfamiliar paths, is extremely dependent on criticism and conversation if he is to avoid an undue proportion of mistakes.

見慣れない道にそって進むこのような本の著者は、間違った理解が広がるのを避けるとするなら、批判と会話に深く依存していなければならない。

It is astonishing what foolish things one can temporarily believe if one thinks too long alone, particularly in economics (along with the other moral sciences), where it is often impossible to bring one’s ideas to a conclusive test either formal or experimental.

人が一時的に信じたりするバカでたこと、つまり経済について一人で考えすぎると(他の倫理学と一緒に)確定的検証–公式であれ実験的であれ–に持ち込むことが不可能になるということ、こんなことは驚くべきことだ。

いちいち英語が難しい。観念の中だけで遊んでるとものにならないんだよ、などという実証主義を批判しているものだろう。

In this book, even more perhaps than in writing my Treatise on Money, I have depended on the constant advice and constructive criticism of Mr. R. F. Kahn.

この本はMr.R.F.カーンによる建設的批判とアドバイスを頼りにした。カネに関する論文のときよりも。

There is a great deal in this book which would not have taken the shape it has except at his suggestion.

彼の提案がなかったら、形にならないようなところがいっぱいあっただろう。

I have also had much help from Mrs. Joan Robinson, Mr. R. G. Hawtrey and Mr. R. F. Harrod, who have read the whole of the proof-sheets.

Mrs.ジョン・ロビンソン、Mr.R.G.ホートレイ、そしてMr.R.F.ハロッドはためし刷りを全部読んでくれて、すごく助かった。

The index has been compiled by Mr. D. M. Bensusan-Butt of King’s College, Cambridge.

索引はケンブリッジのキングカレッジのMr.D.M.ベンスアンブットが編集した。

雇用、利子、カネの一般理論 003

The relation between this book and my Treatise on Money, which I published five years ago, is probably clearer to myself than it will be to others;

この本と私の「カネに関する論文」–これは私が5年前に発行した–の関係はおそらく私自身が他の人よりよく承知しているだろう。

and what in my own mind is a natural evolution in a line of thought which I have been pursuing for several years, may sometimes strike the reader as a confusing change of view.

そして私の心にあるものは、思考の流れの中の当然の進化–それは何年もかけて追求してきた–であり、これは読者にとっては混乱を引き起こすような視点の変化として衝撃をあたえるかもしれない。

これも英語として難しい。may sometimes ~の主語はwhat in my own midでいいのか。

This difficulty is not made less by certain changes in terminology which I have felt compelled to make.

この難しさは、用語の置き換え–そうしなければならないよう私は感じてきたのだが–によってやさしくなるものではない。

These changes of language I have pointed out in the course of the following pages;

指摘したこれら言葉の置き換えは後のページ。

これも英語としてよくわからい。be動詞の省略?

but the general relationship between the two books can be expressed briefly as follows.

しかし2つの本の間の一般的な連関は簡単に次のように言い表せる。

When I began to write my Treatise on Money I was still moving along the traditional lines of regarding the influence of money as something so to speak separate from the general theory of supply and demand.

カネについての論文を書き始めたときは、私はまだ伝統的思考の上を歩いていた。それはカネの影響というものを何か供給と需要の一般理論とは分離したものとみなすものだった。

When I finished it, I had made some progress towards pushing monetary theory back to becoming a theory of output as a whole.

それを書き上げ、私はある程度の前進を果たした。マネタリー理論を全体としての産出の理論に押し戻した。

theory of output as a wholeが何を意味しているのか勉強してないのでわからない。

But my lack of emancipation from preconceived ideas showed itself in what now seems to me to be the outstanding fault of the theoretical parts of that work (namely, Books III and IV), that I failed to deal thoroughly with the effects of changes in the level of output.

以前に抱いていた考えからの開放の不徹底は、今となっては作品(つまりBooksIIIとIV)の中に見られる顕著な欠点として確認できる。それは私が産出水準における変化の効用を完全に捉えることに失敗したというものだ。

level of outputとはなんだろうか。levelという位だから高々量のことではないし、量というのを何らかの基準で分けたもののことだろうか?

My so-called “fundamental equations” were an instantaneous picture taken on the assumption of a given output.

私のよく言う”基本方程式”は与えられた産出の見積もりを撮影したその場の写真であった。

基本方程式のことよく知らないからわからない。

They attempted to show how, assuming the given output, forces could develop which involved a profit-disequilibrium, and thus required a change in the level of output.

それらは、与えられた産出を仮定したとき、どのように力が–それは利益不均衡を含み、産出水準の変化にとって必要とされた–発展するのかを示すのが目的だった。

力と利益不均衡がどういう関係になっているのかよくわからない。

But the dynamic development, as distinct from the instantaneous picture, was left incomplete and extremely confused.

しかし、その場の写真からは区別されたものとしての動的な発展は不完全なまま残され、とても混乱したものだった。

動的な発展と上の力との関係がよくわからない。

This book, on the other hand, has evolved into what is primarily a study of the forces which determine changes in the scale of output and employment as a whole;

この本は、一方では、主に力の研究の中へ進化した。この力は産出の規模の変化と全体としての雇用を決めるものである。

and, whilst it is found that money enters into the economic scheme in an essential and peculiar manner, technical monetary detail falls into the background.

そして、本質的で特有のやり方で経済計画の中にカネが入り込むとき、技術的なマネタリー詳細は背後に沈む。

力は産出と雇用を決める。しかしここで言う産出とは、生産のことなのだろうか?「本質的で特有」とはどういうことを言おうとしてるのか、普通に考えると「本質」と「特有」とは対極にある概念だ。「マネタリー詳細」ってなんだろうか?実際にカネを動かすときの色々なことごまとしたことのことか?

A monetary economy, we shall find, is essentially one in which changing views about the future are capable of influencing the quantity of employment and not merely its direction.

われわれは発見するだろう。マネタリー経済は本質的に次のようものの中にあると、すなわち未来についての見方の変化は雇用の方向だけでなく量に影響を与えることができると。

「未来についての見方の変化は雇用の方向だけでなく量に影響を与えることができる」というのはあたりまえの話だが、それがマネタリー経済の本質ということは、カネの流れの全体は、未来に対する考えが雇用に影響を与えることから導かれる、ということか?雇用に影響を与えるのは力(これがよくわからないが)であるから、結局は力が問題になってくる。

But our method of analysing the economic behaviour of the present under the influence of changing ideas about the future is one which depends on the interaction of supply and demand, and is in this way linked up with our fundamental theory of value.

しかし、われわれが用いる現在の経済挙動–それは未来についての考えを変化の影響下にあるのだが–の分析方法は、供給と需要の相互作用、そしてこのようにわれわれの価値の基本理論と結びついている。

ここで初めて「価値」と言う言葉が出てきたが、これは何をさしているのか?

We are thus led to a more general theory, which includes the classical theory with which we are familiar, as a special case.

われわれはこのようにより一般的な理論に導かれた、それはわれわれが親しんでいる古典理論を特別なケースとして含むものである。

雇用、利子、カネの一般理論 002

The matters at issue are of an importance which cannot be exaggerated.

問題となっているのは誇張されることのない重要性のことだ。

ちょっとよくわからない。重要性というのはケインズの方法論の違いのことを言っているのか?

But, if my explanations are right, it is my fellow economists, not the general public, whom I must first convince.

しかし、もし私の説明が正しいのなら、私が最初に納得させるのは仲間の経済学者達であって、一般大衆ではない。

At this stage of the argument the general public, though welcome at the debate, are only eavesdroppers at an attempt by an economist to bring to an issue the deep divergences of opinion between fellow economists which have for the time being almost destroyed the practical influence of economic theory, and will, until they are resolved, continue to do so.

議論のこのレベルでは一般大衆は視聴者–もちろん討論は歓迎するが–だけであるでる。彼らは経済学者の企てによって、仲間の経済学者達–長年 にわたり経済理論の実際の影響をほとんど破壊してしまった–の意見と彼らのそれを解決するまで続けようとする意思との間の深い亀裂を問題にしようとして いる。

この文章は英語として難しい。willというのは一般大衆の意思であってるだろうか?

雇用、利子、カネの一般理論 001

http://www.marxists.org/reference/subject/economics/keynes/general-theory/

Preface

序文

THIS book is chiefly addressed to my fellow economists.

この本は主として私の仲間の経済学者あてに書いた。

I hope that it will be intelligible to others.

他の人々にとっても明瞭であることを希望する。

But its main purpose is to deal with difficult questions of theory, and only in the second place with the applications of this theory to practice.

しかし、この本の目的は、理論の難しい問いを扱うことだ、この理論の活動の場となる応用の地平(第2の地平)において扱うことだ。

For if orthodox economics is at fault, the error is to be found not in the superstructure, which has been erected with great care for logical consistency, but in a lack of clearness and of generality in the premisses.

というのも、もし正統な経済学が失敗しているのなら、その間違いは上部構造–それは論理的一貫性のために用心深くくみ上げられる–において見つけられるのではなく、前提における明晰さの不足と一般化の不足の中に見出されるからだ。

この2つの段落から、ケインズは理論の現実的応用場面の観察から矛盾を発見し、その理論の誤りをその理論の前提の間違いから導くということか。つまり、論理の流れの中から見つけることではなく。

Thus I cannot achieve my object of persuading economists to re-examine critically certain of their basic assumptions except by a highly abstract argument and also by much controversy.

したがって、私の目的、それは経済学者達に基本的な仮説を批判的に再考させることであるが、それは高度に抽象化された論議と多くの論争なしには成し遂げられない。

I wish there could have been less of the latter.

多くの論争を希望するわけじゃないがね。

But I have thought it important, not only to explain my own point of view, but also to show in what respects it departs from the prevailing theory.

しかし、私の物の見方を説明することだけではなく、それが有力な理論から乖離しているという観点でも示すこと、それが重要だと考えている。

Those, who are strongly wedded to what I shall call “the classical theory”, will fluctuate, I expect, between a belief that I am quite wrong and a belief that I am saying nothing new.

私が「古典理論」と呼ぶところのものに強く密着している人々は2つの思いのなかで揺れ動くだろう。ひとつは私が完全に間違っているという思い、もうひとつは私が何も新しいことを言っていないという思い。

It is for others to determine if either of these or the third alternative is right.

これら2つの思いが正しいのか、あるいは第3のものが正しいのか、決めるのは他の人々だ。

My controversial passages are aimed at providing some material for an answer;

私の論争的な物言いは答えのための材料として行われている。

and I must ask forgiveness if, in the pursuit of sharp distinctions, my controversy is itself too keen.

鋭い卓越性の追及の中で、私の論争が鋭敏過ぎるのならお許し願いたい。

distinctionは概念の要素への分解と訳すべきか?

I myself held with conviction for many years the theories which I now attack, and I am not, I think, ignorant of their strong points.

私がここで攻撃する理論に対し、私は長い間自信をもっていた。そして私はそれら理論の利点に対して無知ではないと思っている。