Tag Archive for ツイッター

ツイッターが人気

ツイッターは高々一言を書きこむような簡易ブログにしか見えない。流行った理由はお手軽だとか言われてるけど、もう一つはAPIと呼ばれる機能を外部に公開する仕組みのおかげだと思う。

APIそのものはツイッター以前からもあったが、ツイッターはその公開度合がとても大きのが特徴。通常は何らかのウェブサービスがあった場合、そのサイトにアクセスしなければならないことが多い。読み込みはできても書き込みまでできるものは少ない。

ツイッターのAPIは外部からの書き込みにも対応していて、ツイッターのサイトに行かなくても、書き込みができる。例えばこのサイトのコメント欄に対して、ツイッターのユーザーがツイッターのサイトに行くことなくツイッターに書くのと同時にこのサイトにも書くことができる。もちろん最初は認証作業が必要だが、一回だけだ。

ツイッターの場合は企業で、そうなると、収入を得なければならなくて、サイトで収入を得るには広告を貼ることになが、APIで書き込みができてしまうと広告を通り抜けるし、APIに広告があったら使いにくくなる。

こういう公開性でみると、アメリカが最強で、日本はおそらく先進国では最下位レベルではないかと思われる。特に大企業がこういうことに弱い。

弱いというのは何も経営者のせいだけじゃなく、そういう直接的にはカネにならないように見えるものに対して株主が批判的かもしれないし、社会全体でそういう雰囲気がないからかもしれない。

ツイッターのやっていることは実は生産機会の提供でもあって、それによって仕事が生まれる、という側面もある。

これからの企業の役割は、ただ単に自身が生産するだけでなく、生産機械も提供するということが必要だろう。

ツイッターがガラパゴスを凌駕する

ツイッターについてはいろいろと書かれていますが、もう一つ別の視点からツイッターが明らかにするものは、誰がそれに積極的に参加していて、他のユーザからの質問にも正面から答えているかということにあると思います。特に権力を持っている人がツイッターに対してどう向き合っているかを調べてみるとおもしろいです。

まず大企業の偉い人でツイッターに参加して積極的に発言している人を調べてみると以下のような人がいます。

孫正義さん。孫さんへの書き込み。

三木谷さん。三木谷さんへの書き込み。

孫さんは書き込みに対して返信とかもしていてすごいと思います。

トヨタは調べてみたけどアメリカにはあるようですが、日本にはないようです。アキオさんには期待していたんですが、未だにガキを使った不快なCMなどを見ていると、若者は度外視なんでしょうか。

他にも大企業について調べてみてもこんなデータなども見つかって、大企業ほどこういったことには消極的であることがわかります。

消費者の視点で見れば、他の条件がすべて同じ場合、ツイッターに社長がいるのとそうでない場合は前者のほうがプラスに作用することは間違いないと思いますが、既存の思考に凝り固まった社長の場合、マイナス面にばかり目がいってこういう事が出来ないのでしょう。

今話題のマツダがありました。しかし事件については何も載せていません。その他にも大企業のアカウントはあるのですが、孫さんのように偉い人が直接出てきている例は殆どないようです。

あとドコモの社長が、140文字では短すぎるとか言ったり、孫さんがそのことについてツイートしていたり、孫さんのスゴさが際立っています。今後は、ガラケーとかいう技術の問題より、こういった社長の社会性が企業の利益に重大な影響をおよぼすようになると思います。

http://twitter.com/hmikitani