ヘーゲル「小論理学」感想文 1

この本はすごく難しい。難しさがレベルが普通の難しさと違うので理解するのがすごく大変。しかし前例もある。スピノザのエチカと同じような構想になっている。エチカでは自己原因=神=実態として、そのあり方の論考だが、じつは知性とい… ヘーゲル「小論理学」感想文 1 の続きを読む

ヘーゲル閣下脱出学

我らが哲学の王様ヘーゲル閣下なのだが、彼はリア充であり愛国者であるので、しかも排外主義的なので日本人としては最終的には脱出しなければいけない存在である。 弁証法を機軸として 正反合とは誰の言葉か知らないが、少なくとも閣下… ヘーゲル閣下脱出学 の続きを読む

ニーチェとヘーゲルとパンデミック

パンデミック。 ヘーゲルの弱点はあるのだろうか?パンデミック、病気、価値のないもの、マイナスのもの。これらをまったく考えていないこと、と言えるかも知れない。実際ヘーゲルはコレラにかかってあっけなく死んだ。ニーチェは病気だ… ニーチェとヘーゲルとパンデミック の続きを読む

コードギアス レビュー

コードギアスというアニメが面白かったので感想文。 コードギアスという名前をはじめて聞いたときは見る気がしなかった。その名前からして遊戯王的な雰囲気を感じていたし、少しだけ見たときには、なんか目から鳥みたいなのが飛んで相手… コードギアス レビュー の続きを読む

Aufheben

ヘーゲル閣下の本をよんでいたらヘーゲルがこの言葉を自慢していた。この言葉は保存するという意味と廃棄するという2つの相反する意味を持つそうなのである。ドイツ語の奥深さを知るがいい、みたいに言ってた。 日本語訳だと止揚と訳さ… Aufheben の続きを読む