Tag Archive for ヘーゲル

ヘーゲル「小論理学」感想文 1

この本はすごく難しい。難しさがレベルが普通の難しさと違うので理解するのがすごく大変。しかし前例もある。スピノザのエチカと同じような構想になっている。エチカでは自己原因=神=実態として、そのあり方の論考だが、じつは知性というのを持ち出して、その居場所が最初はよくわからなくなっている。論理学では知性が出てこない。ここが読み方を難しくしている。

ギリシアの自然哲学などは、知性の在り処とその対象はとても解りやすい。知性は人間にあり対象は外の自然だ。こういう知性と対象の関係が論理学では全然見えないために、一体何が何を見ているのかがわからない。

結論を言えば、論理学自体が神であって、そして自己原因であって、この書物は論理学が論理学を知る過程として書かれていると思われる。知性自身が知性を知るストーリのような展開になっている。
「有」から「概念」展開のストーリーとなっている。こんな書き方で合理的理解などは出来るわけはないので注意して読まなければならないがそれでもよくわからないところがたくさんある。

はじめに「有」がある。しかしそれは全く無規定なものなので「無」と同じである。そしてこの移行の中で、あるいは移行自体を「成」と捉え、「定有」へと固定される。しかしこの定有から、「質」が生ずる点があまり書かれていない。もちろん有、無、成などすでに区別できるものをもってはいる。しかし定有が質になると、それが「或るもの」や「他のもの」になってしまう。ここへの移行がいきなり行われてしまう。

定有はまだ、1つしかないはずだし、1とう概念自体があとに出てくる。とすればこの或るものと他のものというのは1つの定有に対しての認識なのか、複数の定有にたいするものなのか定かでない。有と無の移行のような動きがどうして定有で起こりえるのかの記述がない。

そしていずれにしろここから次のように進む。或るものはそれ自身他のものなので、その移行の中で自分自身と出合い、これが「向自有」になる。ここでも知性の場所が問題になる。在るものが自分に出会うなら知性自身が在るものであるはずである。それがどうして他のものでありえたのか。

ヘーゲルの哲学で重要な概念は、弁証法でも止揚でもなく「それ自身」という考え方である。論理学のこの部分に、そのはじまりの記述が見て取れるからここの理解はとても大事だと思うが、よくわからない。

ヘーゲル閣下脱出学

我らが哲学の王様ヘーゲル閣下なのだが、彼はリア充であり愛国者であるので、しかも排外主義的なので日本人としては最終的には脱出しなければいけない存在である。

弁証法を機軸として

正反合とは誰の言葉か知らないが、少なくとも閣下の弁証法にはそぐわない言葉である。しかし説明上好都合なので使う。閣下の弁証法では正と反が悟性的運動の中で言ったりきたりする、これを悪無限という。なんで悪なのか?同じことの繰り返しでしかないからだ。ではどうやってその悪から逃れるのか?飛び越えることによって。これが合。しかしここで注意すべきはこの合は正反とは論理的繋がりがないということが可能なことである。これを歴史を見るときに当てはめると閣下のような愛国者の場合、自国の方へベクトルを向けそこへ導くように思考を展開できる。重要なのはこのとき正反合が概念としてそれ自体の中で行われていること、これが閣下の弁証法の特徴である。それ自体の中で正反合が展開されればそれは自由ということになり、その無限展開は同じことの繰り返しではないので真無限となる。

ここから分かるように閣下はアジアを馬鹿にしたり仏教を馬鹿にしたり漢字を馬鹿にしたりしているが、それは閣下の論理の中の展開として行われているわけではなく、その論理から外れたものを馬鹿にしているだけで、その論理も初めからベクトルが決まっているわけだからそうなるのは当然なのである。だから我々がヘーゲルと同じ権利を持って漢字こそ歴史をもっともよく保存している文字であるということもできるのである。

仏教は空を基礎として無我までいたる哲学である。閣下の論理の展開は有から始まる。しかし始まりを定めるには現時点から降りていくことを最初に体験していなければ不可能なのであって、有を始まりに措いて、とりあえず有と名づけてみたといっても、思考としてはそこに降りていく過程がなければそういうことはできないのである。降りていかなければそれが始まりであることを知ることもできないものなのである。

ニーチェとヘーゲルとパンデミック

パンデミック。

ヘーゲルの弱点はあるのだろうか?パンデミック、病気、価値のないもの、マイナスのもの。これらをまったく考えていないこと、と言えるかも知れない。実際ヘーゲルはコレラにかかってあっけなく死んだ。ニーチェは病気だった、そして病気の哲学を作った。病気でも進む思考を考えなければならないと感じたのだと思う。

ニーチェ理解の整理。ニーチェはヘーゲルに対してほとんど無関心だった。おそらくニーチェにはその思考がまったく進まなかったのだと思われる。ヘーゲルだけではない、当時存在する哲学には思考が進まなかった、なじまなかった、のだと思う。そこでニーチェは自分に合う思考を探し、ギリシア悲劇を発見し、ソクラテスをそれを破壊するもの(理性)とし敵とみなした。

パンデミックはなぜ発生するのか?それには何の価値もないのか?これは時代の風景、人間の精神と無関係なものなのか?もしこれが人々が望んだものだとしたらどうだろうか。

コンピュータウイルス。Windows用に作られたウイルスはLinuxには効かない。この世のコンピュータがすべてWindowsだったら1つのウイルスによってネットワークが全滅する。新自由主義、各国の防壁を取り去り、一つの価値観で世界を一元化する。ここにもし経済的なウイルスが現れたら世界は滅亡する。経済ウイルスに続いて出現した今回のインフルエンザ騒動、自由化の結果だとしたらどうだろうか。

ヘーゲル弁証法の俗流的な説明、テーゼ、アンチテーゼ、ジンテーゼ。テーゼとアンチテーゼはジンテーゼの中にアウフヘーベンされる。ジンテーゼの中に汲み残したもの。ジンテーゼに対抗するテーゼ、アンチテーゼ。ヘーゲルには批判すべきものがまだあると感じる。

絶対精神、世界精神、人間の身体が細胞からできているとしたら、人間からできるその全体、それが世界精神。人間は病気になる、同じように考えればパンデミックは世界精神の病気。病気はどうやって治すのか、休むことによって、生活態度を変えることによって、手術によって。では世界精神にとってこれらは何を意味するか?

コードギアス レビュー

コードギアスというアニメが面白かったので感想文。

コードギアスという名前をはじめて聞いたときは見る気がしなかった。その名前からして遊戯王的な雰囲気を感じていたし、少しだけ見たときには、なんか目から鳥みたいなのが飛んで相手に言うことをきかせてるシーンで、しかもキャラデザが腐女子的だったために見る気にならなかった。しかし最近になってやたらと噂になっているので見てみた。見てみて驚いた。勝手な第一印象で評価しちゃいけないなとつくづく思った。

このアニメはいろいろな側面からの感想がかけると思う。

以前のアニメからの継承としてのコードギアス

すぐに思いつくのはエヴァンゲリオンを超えるための設定であること。主人公ルルーシュのパパとママであるシャルルとマリアンヌはエヴァの人類保管計画みたいなことをやろうとしている。エヴァの場合は最後にシンジとアスカだけの世界みたいになってて、そこから先の世界は苦痛に満ち溢れた世界みたいに描かれる。ルルーシュはパパとママのやろうとしていることを否定しぶっ壊す。その理由は「明日を求めた」から。

「沈黙の艦隊」という漫画があった。自分の記憶が確かなら、この漫画の最後はシュナイゼルがダモクレスでやろうとしていたことだ。つまり、戦争を行うすべての国に大量破壊兵器を撃ち込むというもの。ルルーシュは、こういったやり方も「明日を求めて」否定する。

哲学的側面

ヘーゲル批判としてのルルーシュ

ではルルーシュのいう「明日」とはなにか。ルルーシュはシュナイゼルのやり方を「今日(現在)で世界を固定する」という。これは一つの論理的思考のみで、世界を解釈し、それ以外の考え方を認めないということだろう。これは今日的問題でもある。理性というものは常に優れたものであり、理性的であることが人間的である、この考えは西洋哲学の多くがとってきた立場で、ヘーゲルなどはその頂点にいる。経済でいえば、経済学というのは人間を幸福にするための道具である、すくなくとも不幸にするための道具ではない、と考えられている。もっと広くいえば、学問とはそういうものだ、ということができる。ルルーシュのシュナイゼルへの批判は、大きく言えばこういった学問の捕らえ方への批判と言うことができる。理性などでは、学問などでは、人々は幸福を得られない。すくなくともそれを絶対視する限り。人々の幸福はつねにそこから抜け出る力によって獲得するものだ。これがルルーシュの世界観であり、現在の世界、すなわち学問至上主義によって覆われた世界への根底からの批判となる。

ニーチェ批判としてのルルーシュ

シャルルの考えは、最初の方ではニーチェを思わせる内容になっている。キリスト教的倫理観を否定し、力による支配を訴える。しかしそれは「嘘のない世界」を作るためのもので、それは人類の無意識を融合することにより得られる。このアニメでは神=集合無意識となっている。これはユングやフロイトの話になる。

ニーチェは「力への意思」を説き、理性による支配を否定した。しかし力の世界でどのようなものが美しいものなのか、といった問いには答えていないように思う。よってシャルルのように弱肉強食こそ真理であるなどと言い出すやつが出てくる。それに対してルルーシュは「撃っていいのは打たれる覚悟があるやつだけだ」という美意識を提示する。

嘘とはなにか?嘘はいけないと言われる。しかし何かを否定する際、その何かはすでに真実ではないもの、すなわち嘘になる。嘘はいけない、ということは、何かを否定することはよくないこととなり、つまり世界は永遠にありのままということになる。シャルルはこの世界をナナリーもユフィーも望んだ「優しい世界」といい、ルルーシュによって「自分に優しい世界」であるとして否定される。

ルルーシュの価値観

このアニメのレビューで「ルルーシュは平和をつくった」見たいに言われるときがある。しかしルルーシュは「平和」と言う言葉を使ってないと思う。その上で彼がやりたかったこと、かれの望む世界を記述するとどうなるか。またそれを否定する根拠は存在しうるか?しかし記述することは非常に難しい、なにかを記述したとたんにそれは論理になり、理性的な思考になる。これは前述のようにルルーシュが否定したことだからだ。しかし人間である以上、言葉や理性を全否定することもできない。こういった矛盾と常に向き合うこと、これがルルーシュの価値観であり、リアルな現実にとっても重要な提言となっている。

Aufheben

ヘーゲル閣下の本をよんでいたらヘーゲルがこの言葉を自慢していた。この言葉は保存するという意味と廃棄するという2つの相反する意味を持つそうなのである。ドイツ語の奥深さを知るがいい、みたいに言ってた。

日本語訳だと止揚と訳されていた。揚棄ともいうらしい。

ところが日本語にも同じような言葉があった!というか中国語か?その名も

創造の創、満身創痍の創。この言葉ははじめるという意味とともに、傷と言う意味ももつ。はじめるのに傷つくなんてなんか矛盾していてかっこいい!大発見!Aufhebenはこの字を使って訳すべきだった。

ところで中国語ではAufhebenはなんと訳されているのだろうか?Wikipediaにのってねージャン。中国のことだから日本と同じだろう。