Tag Archive for ヘーゲル閣下

ヘーゲル閣下脱出学

我らが哲学の王様ヘーゲル閣下なのだが、彼はリア充であり愛国者であるので、しかも排外主義的なので日本人としては最終的には脱出しなければいけない存在である。

弁証法を機軸として

正反合とは誰の言葉か知らないが、少なくとも閣下の弁証法にはそぐわない言葉である。しかし説明上好都合なので使う。閣下の弁証法では正と反が悟性的運動の中で言ったりきたりする、これを悪無限という。なんで悪なのか?同じことの繰り返しでしかないからだ。ではどうやってその悪から逃れるのか?飛び越えることによって。これが合。しかしここで注意すべきはこの合は正反とは論理的繋がりがないということが可能なことである。これを歴史を見るときに当てはめると閣下のような愛国者の場合、自国の方へベクトルを向けそこへ導くように思考を展開できる。重要なのはこのとき正反合が概念としてそれ自体の中で行われていること、これが閣下の弁証法の特徴である。それ自体の中で正反合が展開されればそれは自由ということになり、その無限展開は同じことの繰り返しではないので真無限となる。

ここから分かるように閣下はアジアを馬鹿にしたり仏教を馬鹿にしたり漢字を馬鹿にしたりしているが、それは閣下の論理の中の展開として行われているわけではなく、その論理から外れたものを馬鹿にしているだけで、その論理も初めからベクトルが決まっているわけだからそうなるのは当然なのである。だから我々がヘーゲルと同じ権利を持って漢字こそ歴史をもっともよく保存している文字であるということもできるのである。

仏教は空を基礎として無我までいたる哲学である。閣下の論理の展開は有から始まる。しかし始まりを定めるには現時点から降りていくことを最初に体験していなければ不可能なのであって、有を始まりに措いて、とりあえず有と名づけてみたといっても、思考としてはそこに降りていく過程がなければそういうことはできないのである。降りていかなければそれが始まりであることを知ることもできないものなのである。

やる気について

最近脳について語られることが多くなっていて自分はそれに危機感と違和感を感じている。それは最終的には実証主義批判として完成させたいのだが、それは大変すぎる。そんな中考えるきっかけになる記事を見つけたのでこれを批判的に考察する形で自分の考えのひとつの端緒としたい。

我々のほとんどは、何かをする時に、まず「何かをしよう」と意識し、それを行動に移すのだと考えている。これが、能動意識仮説。ところが、最近その逆と考えた方がつじつまがあうという研究成果が多く出されてきた。まず行動があり、意識はその後で「実はそうしたかったのだ」と思い込むというものだ。これが受動意識仮説である。

朝礼とかラジオ体操とかには、案外重要な意味があることになる。やる気はやらなきゃ出ないのだから、とりあえず体を動かしてしまうというわけだ。脳のリハビリで手足を動かすのも、然り。

思考の前に行動がある、というときの行動とは動物でも行える行動であり、それは自然により強制される類のものと考える。よってこういった考え方は、そんな意思はなくとも人間を奴隷と見なす考え方に利用される可能性があるので容認できない。それが学問的に正しいと言われても、自分は今の実証主義に覆われた学問になんらの価値も見出していないので否定の対象でしかない。

しかし「まず始めればよい」と言うのが人間に当てはまる場合もある。それは子供が世界を知るため。子供は外の世界の法則を知らないから、自らの触覚を頼りに世界に接し、それを把握する。言葉により現実を理解できるようになったが、まだ大人の社会をしらず禁止されていることを知らない段階。

大人の場合当てはまるのは例えば社会に出たばかりの新入社員の場合。まだ会社のことも社会のこともわからないから当然すべてが受身になり、言われたことを「まず始める」ことになる。しかしそれに満足しないのが人間の動物に対する優位であり、始めることにより人間は自分のいる環境を理解し、その環境の中にいる自分の立ち位置を理解する。

ここから先のやる気は、いわばやる気レベル2であり、いままでの、環境と自分を知るための現状をありのまま受け入れるやる気とは違うものになる。よく新入社員が3年で辞めるという話を聞くが(最近は知らないが)これは人間的行動とも言える。3年間は自分の居場所を知るための時期であり、その居場所を知った後やる気レベル2に移り、自分の思考により自分を処する結果といえる(もちろん辞めないという選択も含む)。このようにやる気レベル2は、思考が最初にあるので「まず始めればよい」状態ではないより人間的で自由なやる気である。

実証主義は形而上学を全否定し、そのときの所与の現実だけから出発しようとするので、やる気のレベル1とレベル2を区別する視点を提供できない。それを提供すればそれは形而上学になるからだ。これは人間を動物さらに植物さらには物質としか見れない視点であって、人間的ではない。だからといってそれが無駄とは言わないが、それを用いて人間の未来を、ましてや他人のそれを、定めるということになれば、それは人間を動物のように扱うことを意味する。

たとえば私が perl で何か書くときには、実はコピペせずにちゃんと

#!/usr/local/bin/perl
use strict;
use warnings;

を手で打っている。「だからPerl 5はうざい」という意見も少なくないし、私もそれに頭は同意していたのだが、体が不同意だったのは、それが私にとっての「ラジオ体操」であるというのが私の最近の仮説だ。

これはラジオ体操とは違うものだと自分は思う。人間はプログラミングに関する知識や文字に関する知識を全部脳で記憶していることになっている。自分の考えでは例えば漢字などの知識は脳だけで記憶しているものではなく、手が持っている情報と脳が持っている状態が相補的に機能していると考える。さらに上の話と絡めて言えば、筆者さんがこれを行うのは自分の意思に基づいているからだと思うが、ここの部分が重要であって、それをラジオ体操と言ってしまうと命令されてするものも含んでしまうことになる。

コンピュータの自動翻訳がぎこちない訳になったり、プログラミングをしてくれるプログラムをつくれない理由はそれが人間的能力に根ざしているからだが、それがどういう能力なのかをうまく示せないのは実証主義のせいであってコンピュータの発達に伴いコンピュータにできないこともわかってくる。いままでは哲学や文学しかこういう領域に踏み込めなかったが、他の学問においても実証主義を超える必要が認識されてくるといいなと感じている。革新的なプログラムが出るとしたらそれはプログラム同士が相互に監視しあい、予測不能な形でそれぞれを有意義に変えていく方法が発見されるときだと思う。