Tag Archive for 慰安婦

慰安婦問題の解決法

慰安婦問題をどう対応するかは日本にとっての大きな試金石である。と同時に今後の日本の進路を見定められるマイルストーンともなる問題である。慰安婦制度それ自体を肯定的に捉える視点はもはや日本にはなく、それを擁護したい場合でも、あの時代やあの状況では仕方がなかった、というものである。これは否定的な態度であるから、日本はもはやこういうことをする国ではない、というのが国民の考えである。

この否定的なものをどう処理するかはいくつかの位相がある、日本が良く思いつくのが謝罪という形態で、これは間違いであったことを認めるということである。つぎに賠償が続きその間違いによって生じた傷の償いということになる。だが大体はここで終わってしまい、それによってこの問題は解決されたと考え、この解決というのはそれ自体の消去のように捉えられ、むしろ消去するべきものと考えられる。そして実際にこの考えは実現され、河野談話の発表とアジア女性基金の創設、総理大臣のお詫びの手紙などが行われた。

だが求められているのはそれ以上のものである、それ以上というとまだ謝罪しないとならないのか、とか考えられたりするがそういった否定的なのものではなくこの否定的なものを否定し一つの肯定的な成果にまで結実させる、という要求である。

アメリカの各州が建てた銅像や碑石はこのようなものである、慰安婦自体が勇気を持って自らの過去を晒し世に正義を訴えそれを成し遂げた記念としての証である。もちろんこれには副次的な要因もある、朝鮮は過去日本であり、戦後敗戦国となった日本から分割されたという要因も大きい。この要因を不幸と見るべきではなく偶然にも見つけた四つ葉のクローバーのような好機と捉えるべきであり、その成果を成し遂げるのは当事者である日本であるべきである。碑石は高々記念にすぎず実効的な効果をもたらすものではない、より高い見地はこれを法として結実させることであり、これが日本の仕事とならなければならない。このような問題がなぜ起き、その起点は何であったのか、それを明らかにしそれを悪と規定してその防止を国際社会の基準とすべく努力すべきだ。

にも関わらず現在内閣を覆っている考えは河野談話の破棄である。

右派やその考えの代表者である安部首相にとって河野談話は不名誉なものでありこの世から消すべきものである、しかしもっとも不名誉なのはこのような否定的なものに一切目をつむり、それをなきものにしようという考え方である。

個人にしろ国家にしろ失敗は犯す。失敗を克服できるというのが名誉でありより高いあり方だ。議会は解散する、独裁国ではそれは国の解体を意味する。民主国ではそうではない、国家がより高い位置に置かれているからだ。民主国に相応しい対抗を期待したい。

慰安婦という言葉

以前のエントリーで「慰安ということばが気持ち悪すぎる」と書いた。自分はこの言葉は当時の政府や軍が発明した、とはいわないまでも積極的に使って いる言葉だと思っていた。右側から少なくとも従軍慰安婦という言葉への抵抗は聞こえていたが、慰安婦ということばへの抵抗は聞かなかったし、ワシントンポ ストに堂々とIanfuとかいう記述を載せていたりしていたのでそう思っていた。

しかし、ちょっと気になってよくよく調べてみるとこの「慰安婦」という言葉が、いつ、だれによって開発されたのかがわからなくなった。慰安婦という言葉はすでに前提であってそれ自体に疑問を投げかけるというふうなことがないみたいだからだ。

慰問袋という言葉が見つかった。出征している兵士を慰めるため内地の人が送った袋で中には御守り、薬品などとともに慰問状が入っていたという。こう聞くと家族が送ったものと思われるがそうではなく、一般人が不特定の兵士に対して送ったもののようだ。

それとともに陸軍恤兵部というのがあることがわかった。慰問袋の管理をしていた。そうするとなんのために恤兵部が必要だったのか?2つ考えられる。ひとつは兵士が可哀相だから、もうひとつは兵士がおかしくなるのを防ぐため。あるいは両方かもしれない。あるいは兵士の不満がたまりすぎていたからか?

もちろんこの慰問袋を慰安婦に直結させるつもりはないが・・・。いずれにしてもこの件、よくわからなかった。

踏襲?ふしゅう?それは俯就だった

麻生総理が踏襲を”ふしゅう”と読んだとしてプチ祭りになっている。踏襲が読めないといってもそれをもって麻生総理を馬鹿呼ばわりしててもおもしろくない。誰しも読めない漢字くらいある。だがちょっと待ってほしい。麻生総理は本当に間違えたのか?

詳しくは参議院のインターネット審議の2008年10月15日予算委員会のページの福島瑞穂のところの24:20あたりで見れる。

福島:慰安婦の問題に関する河野長官談話、日本軍の強制性を認めた談話を踏襲されますか?
麻生:いまご質問のありました慰安婦問題につきましては政府の基本的立場というものは現在も平成5年8月4日の河野官房長官談話を俯就するというものであります。
福島:・・・瑞穂の国の農業再生プラン

【俯就】フシュウ
自分の主義や主張などをむりにかえて他人に従うこと。〔礼記〕
自分より身分の低い者の意見に従うこと。〔元史〕
-漢字源より-

というわけで、麻生総理はこれでがんってほしい、しかし政府の基本立場が、「他人に従う」とかではやはりまずいかもしれない。でも麻生のことだ、経営者的視点でどうにかしてくれるだろう。

ところで河野談話は以下のようなものだ。

今次調査の結果、長期に、かつ広範な地域にわたって慰安所が設置され、数多くの慰安婦が存在したことが認められた。慰安所は、当時の軍当局の要請により設営されたものであり、慰安所の設置、管理及び慰安婦の移送については、旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した。慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった。また、慰安所における生活は、強制的な状況の下での痛ましいものであった。
 なお、戦地に移送された慰安婦の出身地については、日本を別とすれば、朝鮮半島が大きな比重を占めていたが、当時の朝鮮半島は我が国の統治下にあり、その募集、移送、管理等も、甘言、強圧による等、総じて本人たちの意思に反して行われた。

まずこの慰安という言葉が気持ち悪すぎる。女を性の相手としてしか見ない行為に対して慰安という言葉を与えられる精神性ってなんなのか?援助交際という言葉もあるが、これはむしろ言葉を感情面において価値中立的にしている感じだが、慰安婦とはなにか、慰安婦は男に慰安を与える存在で、男は慰安を得る存在。女が好き好んで慰安婦などやるはずがないのに、どうやって慰安を得ることができるのか?得ることができるとすればその理由は相手を力でねじ伏せたことによる優越感、それ以外には考えられない。