Tag Archive for 漢字

ヘーゲル閣下脱出学

我らが哲学の王様ヘーゲル閣下なのだが、彼はリア充であり愛国者であるので、しかも排外主義的なので日本人としては最終的には脱出しなければいけない存在である。

弁証法を機軸として

正反合とは誰の言葉か知らないが、少なくとも閣下の弁証法にはそぐわない言葉である。しかし説明上好都合なので使う。閣下の弁証法では正と反が悟性的運動の中で言ったりきたりする、これを悪無限という。なんで悪なのか?同じことの繰り返しでしかないからだ。ではどうやってその悪から逃れるのか?飛び越えることによって。これが合。しかしここで注意すべきはこの合は正反とは論理的繋がりがないということが可能なことである。これを歴史を見るときに当てはめると閣下のような愛国者の場合、自国の方へベクトルを向けそこへ導くように思考を展開できる。重要なのはこのとき正反合が概念としてそれ自体の中で行われていること、これが閣下の弁証法の特徴である。それ自体の中で正反合が展開されればそれは自由ということになり、その無限展開は同じことの繰り返しではないので真無限となる。

ここから分かるように閣下はアジアを馬鹿にしたり仏教を馬鹿にしたり漢字を馬鹿にしたりしているが、それは閣下の論理の中の展開として行われているわけではなく、その論理から外れたものを馬鹿にしているだけで、その論理も初めからベクトルが決まっているわけだからそうなるのは当然なのである。だから我々がヘーゲルと同じ権利を持って漢字こそ歴史をもっともよく保存している文字であるということもできるのである。

仏教は空を基礎として無我までいたる哲学である。閣下の論理の展開は有から始まる。しかし始まりを定めるには現時点から降りていくことを最初に体験していなければ不可能なのであって、有を始まりに措いて、とりあえず有と名づけてみたといっても、思考としてはそこに降りていく過程がなければそういうことはできないのである。降りていかなければそれが始まりであることを知ることもできないものなのである。

国体の本義 感想文

国体の本義読んだ。

日本としての日本、日本から生じる日本、日本のことだけで日本を説明しようとする情熱であふれています。西洋は個人主義だけど、日本は違うんです。家族なんです。そしてその延長の天皇なんです。みたいに言っています。

最近自民党が保守だ保守だと騒いでいますが、まったく中身のない、どこに持っていってもそれなりに通用するような言い回ししかできずにいます。保守と言ってもその体のいい定義を述べているだけみたいな感じです。せめてこの国体の本義のように日本中心に考えなくては人々はそれに情熱をもつことはできないのではないでしょうか。

個人主義ということばは今も否定的に使われていますが、この言葉は哲学や思想の文脈ではあまり出てこないと思います。そのせいか背後に体系がなく、単に「わがまま」みたいに使われています。

個人なんていう概念は人間にとって当然過ぎるので、問題は個人か否かではなく、どのように個人が生まれるかとか、個人のありかたはどう決まるかとか、個人は何をするかとか、だと思います。

国体の本義の弱点は、個人と家族を敵対させて、その関係を論じていないこと、さらには社会との関係を論じていないこと、天皇との関係を一方的服従としてしか論じていないことだと思います。あるいはそこからの和解の道が示されていないことです。

また西洋には対抗していますが大陸の概念と思われる忠とか義とか孝とか多用しています。忠として天皇を見ることもしていて、それは天皇が神ではないという視点も含まれています。漢字を使っておきながら大陸の概念を捨象することはやはり無謀と考えていたのでしょうか。そうならば、今となっては西洋を捨象することも無理です。

和という概念もやっぱり出てきました。大事だそうです。ただやっぱり大事だ大事だというだけで、それがどのように日本の中で行き続けてきたのかが書かれていません。この和を日本の歴史を貫くキーワードとして日本のあり方を示し、すわなち和そのものの展開を示して、様々な困難の中でいかに和が自らを陶冶してきたのかを記述するのが保守が示す日本の一つのあり方だと思います。

江戸時代で中国に学ぶのをやめましたが、今となっては西洋に学ぶことはもうないように感じます。学問にしても文化にしてもです。あとは政治が自らに自身をもってもらって、あの国ではどうだとかこの国ではどうだとかいうのを止めてもらって、保守としてのあり方を示してもらえるでしょう。

麻生総理の漢字読み間違い問題のまとめ

麻生首相が漢字を立て続けに読み間違い、今や自民内部からも飽きられ気味になっている。

しかしこの問題はただ単に漢字を読み間違えたということにとどまらない。もし未来の人がこの事件を振り返ったとき、当時の日本人は狭量だなぁ、とか思われたら困るのでここにその顛末を自分の理解の仕方で記録しておきたい。この事件は3つのステージに区切ることができる。

第一段階

参議院の国会答弁で麻生首相が「河野談話を踏襲します」の踏襲を「ふしゅう」と読み間違えた。このときの映像がYoutubeにアップされ、ネットではプチ祭りになる。この時点ではまだ、マスコミは取り上げていない。自分もこのときは面白がって「ふしゅう」は「俯就」だなどとして、記事を書いたりしていた。

第二段階

「村山談話を踏襲します」の踏襲を再度「ふしゅう」と読み間違う。この時点でマスコミが一斉報道開始。麻生氏は外務大臣時代にもどうようの読み間違いをしていたことが明らかになる。ネットでは祭りになり、その他も数々の読み間違えも取りざたされる。しかし、この時点では政治家からのこの問題に対する発言はなかった。

マスコミの記者が、麻生氏に「最近漢字の読み間違えが多いようですが?」との質問をぶつける。それに対して麻生氏は「単なる読み間違え、または勘違い」みたいに答える。

このやり取りを一部のマスコミは「麻生氏、踏襲の読み間違えを認める」と報道。しかし自分が知る限り、麻生氏ははっきりと「踏襲」を「ふしゅう」と読み間違えた、とは答えていない。

第三段階

国会答弁で、自民党の山本一太氏が再度麻生首相に「村山談話を踏襲するか?」の質問をぶつける。多分この質問は、この問題を彼なりにはっきりさせたいとの思いでぶつけたのだと思う。それに対し麻生氏の回答「先日申し上げたとおりです」。一太氏はこれ以上つっこめなかった。

当然これでは駄目なのだ。先日申し上げたとおりならそれは「踏襲」ではなく「ふしゅう」になってしまう。自分の感覚ではこの時点で、一太氏をはじめ自民の多くの議員が麻生氏に愛想をつかした。

政治家にとって言葉は命であり、もっとも慎重に言葉を使い、誤解の生じないように努めるはず。直滑降の一太氏もそういう意味で、この言葉をはっきりさせたかったのだと思う。それは多くの自民党議員も同じだろう。

新聞は極力読まないという麻生氏、といいつつホントは読んでるだろう、と思ったら本当に読んでないのかもしれない麻生氏、経営者の面子をかけてどこまで行けるか。