Tag Archive for 自殺

自殺について

自殺についての本はデュルケムの「自殺論」があるが、自分が読んだ限りこの本はつまらなかった。まず自殺を3タイプに分ける、たしか自己本位型、集団本位型、アノミー型、そしてそれぞれについて統計情報を元に、かなり恣意的な思いつきを検証していく、恣意的な思いつきと書いたのはそれが論理として成り立っていないと感じるからだ。また軍隊の自殺率が高いことにも触れていた。日本の自衛隊も自殺率が高いらしいが、これは全国共通の正確なのかもしれない。デュルケムの場合、この理由を、死に近い立場にいて死に対する価値観が下がるからみたいに考えていたと思う。そうすると最近はやりの介護とかあるいは医者とか看護士も高くなるのか?そんなことはない気がする。

そしてデュルケムはキリスト教的精神からか、自殺を悪と考えて、それを防ぐには規律を強化するということを言っていたがする。前半の考察といい解決策といい、とても読むに値する本ではないだろう。

しかしデュルケムの言うように、日本でも自殺者数が大体一定であるならば、それを一定たらしめている何らかの法則が存在するだろう。日本のNGOライフリンクそのようなことを直接考えている訳ではないが、非常に貴重な研究をしていると思う。

自殺の要因はいくつもあるが、それが複合してしまうと自殺の危機が高まる、ということでこれはそのとおりだと思う。

そしてうつ病を精神の死と考え、そして精神の死が身体の死を直接意味しなくなった時代を現代とすれば、うつ病は死までの死の生と考えられる。ではなぜうつ病になるのかということだが、この問いには歓待には答えられないとおもうが、価値観の一元化が共通項になる気がする。Aという価値しかないなら、Aがない人間は価値がない、BがあってもCがあっても無意味となる。経済でいえば新自由主義、思考で言えば実証主義がこの一元化の原動力になる。

死刑と自殺の政治への効用

自分は死刑には反対だし、自殺も少なければ少ないほどいいと思っていたが、死刑や自殺にもいい面があることに気づいた。

今自民党内部で、自民党に、あるいは過去の自民党の政策に反対している人というと、尾辻さんと鳩山さんがいる。尾辻さんは代表質問で自民党を厳しく批判し、鳩山さんは簡保の宿問題で、関係者を批判している。

さてこの二人の共通項は何か?それは自殺と死刑である。尾辻さんは自殺対策をされているようで、一方鳩山さんは以前に死刑を執行し新聞などから「死神」などと罵られた。

この二人の倫理観は、明らかに他の自民党議院と違う。人の死に立ち会うことで何らかの倫理的変化がおきているのだと思う。ここでいう倫理とは、どー考えてもおかしいだろうって状況に遭遇したときに、巻き込まれるのが嫌だから見てみぬ振りをしようだとか、世の中にはおかしなこともあるもんなんだよ、などと高をくくってスルーしたりしないで果敢に立ち向かう勇気のことだ。

そう考えると、死刑や自殺もまったく無駄ではないということか。しかし政治をまともにするにはあと200倍くらいは死んでもらわないとならないのか。いずれにしても高すぎる代償だ。