Tag Archive for 西洋

国体の本義 感想文

国体の本義読んだ。

日本としての日本、日本から生じる日本、日本のことだけで日本を説明しようとする情熱であふれています。西洋は個人主義だけど、日本は違うんです。家族なんです。そしてその延長の天皇なんです。みたいに言っています。

最近自民党が保守だ保守だと騒いでいますが、まったく中身のない、どこに持っていってもそれなりに通用するような言い回ししかできずにいます。保守と言ってもその体のいい定義を述べているだけみたいな感じです。せめてこの国体の本義のように日本中心に考えなくては人々はそれに情熱をもつことはできないのではないでしょうか。

個人主義ということばは今も否定的に使われていますが、この言葉は哲学や思想の文脈ではあまり出てこないと思います。そのせいか背後に体系がなく、単に「わがまま」みたいに使われています。

個人なんていう概念は人間にとって当然過ぎるので、問題は個人か否かではなく、どのように個人が生まれるかとか、個人のありかたはどう決まるかとか、個人は何をするかとか、だと思います。

国体の本義の弱点は、個人と家族を敵対させて、その関係を論じていないこと、さらには社会との関係を論じていないこと、天皇との関係を一方的服従としてしか論じていないことだと思います。あるいはそこからの和解の道が示されていないことです。

また西洋には対抗していますが大陸の概念と思われる忠とか義とか孝とか多用しています。忠として天皇を見ることもしていて、それは天皇が神ではないという視点も含まれています。漢字を使っておきながら大陸の概念を捨象することはやはり無謀と考えていたのでしょうか。そうならば、今となっては西洋を捨象することも無理です。

和という概念もやっぱり出てきました。大事だそうです。ただやっぱり大事だ大事だというだけで、それがどのように日本の中で行き続けてきたのかが書かれていません。この和を日本の歴史を貫くキーワードとして日本のあり方を示し、すわなち和そのものの展開を示して、様々な困難の中でいかに和が自らを陶冶してきたのかを記述するのが保守が示す日本の一つのあり方だと思います。

江戸時代で中国に学ぶのをやめましたが、今となっては西洋に学ぶことはもうないように感じます。学問にしても文化にしてもです。あとは政治が自らに自身をもってもらって、あの国ではどうだとかこの国ではどうだとかいうのを止めてもらって、保守としてのあり方を示してもらえるでしょう。

保守の地位をとりもどせ産経新聞

産経ニュースの記事外国人研修生の実態把握へ 厚労省が初の調査

外国人研修生については、いままでも多くの問題があったようだが(参考1、参考2)、主要マスコミを賑わすことが少なかったと思う。産経は外国人研修制度に批判的なようで、それは保守の考えから出てきたものと思われる。

つまり移民をいうことをどう考えるかの問題だ。欧米などでは個人の自由が尊重され、本人が希望するならばそれは認めるべき、という立場であると思う。以前でテレビで日本へ働きに行きたいといっていたインド人が、その理由を「日本に憧れているため」と言っていた。

私はこれを聞いたとき、どうにも歯がゆい気分になった。もし本当に日本に憧れているなら、自分の国を日本のようにすればいいだろ!って思ったからだ。しかしこうやって声を大にしていえない理由もある。いわゆるグローバル化とは誤解を恐れず言えばグローバル企業による世界支配の構図であり、そういう構図が進んでいくならまず彼に言うより、このグローバル化に対してそういわなければ弱いものいじめみたいになってしまうからだ。

グローバル化すればそれはひとつの価値基準で物事を見ることを意味する。その価値基準の土台以外の価値基準は文字通り価値のないものとして切り捨てられてゆく。哲学という学問がある。人間誰しも物事の本質を見極めようとすればいつかはここに行き着く。しかしあとになって気づくことがある。自分は日本人なのになぜ西洋の学問にそういうものを求めているのか、という疑問である。

戦後民主主義や進歩的知識人という言葉があった。これらの言葉は、それを批判するために用いられるものだと思うが、その底流にはこのような疑問があるからだと思う。しかし自分にとっては右よりと言われる人々や民族派と呼ばれる人々の論理には到底納得できないのだ。彼らの考え方の根底には戦前の美意識があり、それに合うように言葉を紡いでいるだけで、西洋の価値観に対抗するほどの大風呂敷を敷いているわけではなかったからだ。

今移民を推進しているのは資本の要請だ。左翼としてはこれには抵抗しなければならない。資本がほしいのは低賃金労働者であり、自由などといったとしてもそれは仮の姿でしかない。しかしこの論理に対抗するとすれば、それはひとつの価値基準ではダメだ、というしかないと思う。

なぜひとつの価値基準でダメなのかといえば、それはその価値基準の土台に上らない人を切り落とすことであり、そして何より、そんなの面白くないよ、と言えるからだ。

話がばらばらになってしまったが、今は産経新聞のみがこのような主張のできる可能性のある唯一の媒体であると思う。