Setup Ubuntu Server


WEBサーバ

_ Apache2のインストール

$ sudo apt-get install apache2

_ 動作確認

Windowsのブラウザでhttp://192.168.0.100/を開いてエラーにならないかを確認する。デフォルトでは"It works!"と表示される。

_ 設定ファイルの説明

設定ファイルは/etc/apache2以下にある。

apach2.confメインの設定ファイル
envvars環境変数を設定するファイル。apache2.confから呼ばれる。
mods-available利用可能なモジュールの一覧。xxx.confは設定ファイルで、xxx.loadは読み込むためのファイル。ここにあるファイルはapache2からは読み込まれない。
mods-enabledapache2が読み込むモジュールの一覧、mods-availableにあるファイルへのシンボリックリンクをはって利用する。apache2.confから読み込まれる。
httpd.conf空のファイル。apache2.confから読み込まれる。
sites-available利用可能なサイト一覧。バーチャルホストで定義されている。
sites-enabledapache2から読み込まれる。sites-available内のファイルへのシンボリックリンクをつくる。

_ ServerNameの設定

デフォルトだとApache2の起動時にドメイン名の警告が出るので、設定を変える。ServerNameはVirtualHostで設定するので.localをつけてしまう。

$ sudo vi /etc/apache2/httpd.conf

以下の行を追加

ServerName myhost.example.com.local

_ DDNSでつくったホスト名をApache2に登録する

ここでは/var/wwwをドキュメントを置くディレクトリにする。そのまえにデフォルトのサイトのディレクトリも/var/wwwとなっているのでこれを/var/www/defaultに移動する。

$ sudo mkdir /var/www/default
$ sudo mv /var/www/index.html /var/www/default/

$ sudo vi /etc/apache2/sites-available/default

変更前

DocumentRoot /var/www/
...
<Directory /var/www/>

変更後

DocumentRoot /var/www/default/
...
<Directory /var/www/default/>

apache2をリスタートしてからWindowsでhttp://192.168.0.100/へアクセスしてエラーが出ないか確認する。

$ sudo /etc/init.d/apache2 restart

_ myhost.example.comをApache2に登録する

(myhost.example.comは取得したDDNS名に置き換えてください。)

_ ドキュメントのディレクトリを作成する。

$ sudo mkdir /var/www/myhost.example.com

_ 適当なドキュメントを作成する。

$ sudo vi /var/www/myhost.example.com/index.html

<html>
<head>
<title>myhost</title>
</head>
<body>
myhost works.
</body>
</html>

_ サイトの設定ファイルを作成。

$ sudo vi /etc/apache2/sites-available/myhost.example.com

<VirtualHost *>
  ServerName myhost.example.com
  DocumentRoot /var/www/myhost.example.com
  ErrorLog /var/log/apache2/myhost.example.com-error.log
  LogLevel warn
  CustomLog /var/log/apache2/myhost.example.com-access.log combined
</VirtualHost>

Interpidの場合は"<VirtualHost *>"の代わりに"<VirtualHost *:80>"とする。この行は/etc/apache2/sites-available/defaultを見て同じにすればいい。

_ このファイルを利用可能にする。

$ cd /etc/apache2/sites-enabled/
$ sudo ln -s ../sites-available/ubusrv.example.com

_ サーバを再起動する。

$ sudo /etc/init.d/apache2 restart

_ 一時的にhostsファイルを編集する

この状態でWindowsからhttp://myhost.example.comにアクセスしても、ネームサーバは192.168.0.100を返してくれないので、今つくったサイトにアクセスできない。そこで一時的にhostsファイルを編集する。

_ hostsファイルの編集

Windowsのテキストエディタで C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\hostsを開き以下を追加。

192.168.0.100	myhost.example.com

apache2をリスタートしてからWindowsでhttp://myhost.example.com/へアクセスし上で作成した/var/www/myhost.example.com/index.htmlが表示されるかを確認する。

$ sudo /etc/init.d/apache2 restart

_ ログを見る方法

apache2がうまく動かなかったりcgiやPHPがうまく動かないときはログを見ることになる。tail -fを利用して動的にログを監視できる。

$ tail -f /var/log/apache2/*

この状態でブラウザなどでサーバにアクセスしてログへの追加を確認できる。

_ 外部からアクセスできるかを確認する

外部のプロキシサーバを利用できる場合は、それを利用すれば確認できる。あるいは外部から自分にアクセスしてくれるようなサービスを使えば確認できる。例えばhtml lintや翻訳のページなどで自分のページを指定すればいい。またtorを使ってアクセスもできる。

 
Link: MenuBar(120d) PHP(1082d) DataBase(3075d) WordPress(3223d) SMTPサーバ(受信)(3308d) CMS Made Simple(3313d)
Last-modified: 2011-04-13 (水) 18:33:48 (2411d)