TOP
基本用語
フォルダ構成
ファイルの場所
ディレクトリ構造
簡易対応表
基本的な違い
基本的なコマンド
よく使うコマンド
パッケージ管理

エクスプローラ
タスクバー
ネットワークフォルダ
ショートカットファイル
アイコン
共有フォルダ

関連付け
クリップボード
ヘルプ
レジストリ
サービス
ログイン画面
IME
効果音
タスクマネージャ
デバイスマネージャ
スケジューラ
自動更新
イベントビューア

キーボード
マウス

スキャンディスク
デフラグ
ユーザ管理
Ctrl+Alt+Del
ネットワークの設定
プロキシの設定

環境変数
プロセス優先順位

アンチウイルス
ファイルセキュリティ
ファイヤーウォール

システムスタートアップ
システムのプロパティ
インデックスサービス
管理者として実行
セーフモード
ブルースクリーン
キャッシュファイル
boot.ini

ソフトウェア
Windowsから
Ubuntuへの移行のためのページ

ディレクトリ構造

Ubuntuのディレクトリ構造

Linuxのディレクトリ構造はどのディストリでも大体同じで、FHSに従っていることが多い。大まかな構造は以下のようになっている。

/bin/ 管理者も一般ユーザも使うプログラムがある。この下にサブディレクトリは作らない。
/dev/ デバイスファイル
/boot/ ブートローダーがある。
/etc/ このコンピュータで動くプログラムの設定ファイルがある。
/etc/opt/ /opt/に置かれたプログラムの設定ファイルがある。
/etc/X11/ X Window Systemの設定ファイルがある。
/etc/fstab ファイルシステムの設定ファイル
/etc/group グループの設定ファイル
/etc/hosts ホスト名の設定ファイル
/home/ ユーザのホームディレクトリ。ユーザ専用の設定ファイルなどが置かれる。
/lib/ 必須のライブラリやカーネルモジュールが置かれる。
/media/ フロッピーやCDROMなどのリムーバルメディアのマウントポイント。
/mnt/ 一時的にマウントするときに使用する。
/opt/ アプリケーションのアドオンが置かれる。
/root/ スーパーユーザのホームディレクトリ
/sbin/ システム管理者専用のプログラムが置かれる。
/tmp/ 一時ファイルが置かれる。
/usr/ 一般ユーザにも共有される読み込み専用のデータが置かれる。
/usr/bin/ 一般ユーザ用プログラムが置かれる。
/usr/local/ 一般ユーザ用のプログラムで、パッケージ管理外のプログラムなどを置くことが多い。
/usr/share/ コンピュータのアーキテクチャに依存しないデータが置かれる。マニュアルやドキュメントがおかれることが多い。
/var/ システムの読み書き用のデータが置かれる。ログなどが置かれる。



Win2buntu 2011(MAIL) Conversion time : 0.0042129999999999