TOP
基本用語
フォルダ構成
ファイルの場所
ディレクトリ構造
簡易対応表
基本的な違い
基本的なコマンド
よく使うコマンド
パッケージ管理

エクスプローラ
タスクバー
ネットワークフォルダ
ショートカットファイル
アイコン
共有フォルダ

関連付け
クリップボード
ヘルプ
レジストリ
サービス
ログイン画面
IME
効果音
タスクマネージャ
デバイスマネージャ
スケジューラ
自動更新
イベントビューア

キーボード
マウス

スキャンディスク
デフラグ
ユーザ管理
Ctrl+Alt+Del
ネットワークの設定
プロキシの設定

環境変数
プロセス優先順位

アンチウイルス
ファイルセキュリティ
ファイヤーウォール

システムスタートアップ
システムのプロパティ
インデックスサービス
管理者として実行
セーフモード
ブルースクリーン
キャッシュファイル
boot.ini

ソフトウェア
Windowsから
Ubuntuへの移行のためのページ

環境変数

Windowsの環境変数は、システムのプロパティで設定する。Ubuntuの場合は、起動時に実行される色々なスクリプトで設定される。 UbuntuはWindowsよりも環境変数を利用する機会が多く、コマンドラインアプリケーションの多くが自分で定義した環境変数を参照して動作する。

環境変数を表示する

printenvコマンドを使う。

環境変数を設定する

あるコマンドを実行するときだけ環境変数を指定するにはenvコマンドを使う。環境変数AAAをxxxとしてコマンドcommandを起動するには以下のようにする。

$ env AAA=xxx command

環境変数を起動されるすべてのコマンドに適用するには環境変数をexportする。

$ printenv BBB
$ BBB=yyy
$ printenv BBB
$ export BBB
$ printenv BBB
yyy
$ 



Win2buntu 2011(MAIL) Conversion time : 0.00075799999999993