TOP
基本用語
フォルダ構成
ファイルの場所
ディレクトリ構造
簡易対応表
基本的な違い
基本的なコマンド
よく使うコマンド
パッケージ管理

エクスプローラ
タスクバー
ネットワークフォルダ
ショートカットファイル
アイコン
共有フォルダ

関連付け
クリップボード
ヘルプ
レジストリ
サービス
ログイン画面
IME
効果音
タスクマネージャ
デバイスマネージャ
スケジューラ
自動更新
イベントビューア

キーボード
マウス

スキャンディスク
デフラグ
ユーザ管理
Ctrl+Alt+Del
ネットワークの設定
プロキシの設定

環境変数
プロセス優先順位

アンチウイルス
ファイルセキュリティ
ファイヤーウォール

システムスタートアップ
システムのプロパティ
インデックスサービス
管理者として実行
セーフモード
ブルースクリーン
キャッシュファイル
boot.ini

ソフトウェア
Windowsから
Ubuntuへの移行のためのページ

Windows Firewall, ufw, iptables

ファイヤーウォールは外部からのネットワーク接続をブロックしてセキュリティを高めるためのもの。

WindowsUbuntu
名称Windows ファイヤーウォールgufw
設定ウインドウ

Ubuntuではデフォルトでファイヤーウォールは無効になっている。ファイヤーウォールの制御はufwコマンドで行う。 ufwのGUIフロントエンドのgufwもある。

ファイヤーウォールを有効にする

$ sudo ufw enable

デフォルトポリシーをdenyに設定する

$ sudo ufw default deny
デフォルトポリシーとは、ファイヤーウォールのルールに適合しない通信を許可するか拒否するかを決めるもので、denyにした場合ルールで許可するものを設定し、allowにした場合ルールで拒否するものを設定する。 通常はdenyにする。

sshを許可する

$ sudo ufw allow ssh

現在の状況を見る

$ sudo ufw status

iptables

ufwはiptablesのフロントエンドになっている。iptablesはとても複雑なため、簡単なインタフェースのufwが用意されている。 ufwはufw-で始まるチェインを定義しそれらに変更を加えiptablesに反映させる。/etc/ufw/にはデフォルトのチェインが定義され、 ufwコマンドは/var/lib/ufw/以下のルールを編集し両方のルールをiptablesに適用させる。


Win2buntu 2011(MAIL) Conversion time : 0.014029