TOP
基本用語
フォルダ構成
ファイルの場所
ディレクトリ構造
簡易対応表
基本的な違い
基本的なコマンド
よく使うコマンド
パッケージ管理

エクスプローラ
タスクバー
ネットワークフォルダ
ショートカットファイル
アイコン
共有フォルダ

関連付け
クリップボード
ヘルプ
レジストリ
サービス
ログイン画面
IME
効果音
タスクマネージャ
デバイスマネージャ
スケジューラ
自動更新
イベントビューア

キーボード
マウス

スキャンディスク
デフラグ
ユーザ管理
Ctrl+Alt+Del
ネットワークの設定
プロキシの設定

環境変数
プロセス優先順位

アンチウイルス
ファイルセキュリティ
ファイヤーウォール

システムスタートアップ
システムのプロパティ
インデックスサービス
管理者として実行
セーフモード
ブルースクリーン
キャッシュファイル
boot.ini

ソフトウェア
Windowsから
Ubuntuへの移行のためのページ

ヘルプ, man, info, yelp

ヘルプ機能

Windowsと同じようにアプリケーションをアクティブにした状態で[F1]キーを押すとヘルプが起動される。ヘルプはyelpというアプリケーションで表示される。

manコマンド

コマンドラインのアプリケーションの場合は、以下のようにmanコマンドを起動すると、マニュアルを表示できることが多い。
$ man command

yelpを使ってもこのマニュアルを表示できる。

$ yelp man:command

manコマンドが英語表示になってしまう場合は以下のようにmanpages-jaをインストールする。

$ sudo apt-get install manpages-ja

infoコマンド

コマンドラインのアプリケーションではmanの代わりにinfoが提供されている場合がある。manとinfoが両方提供されている場合もある。infoは以下のように起動できる。
$ info command

yelpを使っても同様に表示できる。

$ yelp info:command

ソフトウェアのドキュメント

パッケージにはドキュメントが付属していることが多く、それらは/usr/share/doc/に置かれる。ここにはReadmeファイルや更新履歴のファイルなどがある。

Windowsのchmファイルを開く

chmファイルはWindowsの標準的なヘルプファイル。chmビューアにはxchm,chmsee,gnochmなどがある。

xchmをインストールしてchmファイルを開く

$ sudo apt-get install xchm
$ xchm aaa.chm



Win2buntu 2011(MAIL) Conversion time : 0.002439