TOP
基本用語
フォルダ構成
ファイルの場所
ディレクトリ構造
簡易対応表
基本的な違い
基本的なコマンド
よく使うコマンド
パッケージ管理

エクスプローラ
タスクバー
ネットワークフォルダ
ショートカットファイル
アイコン
共有フォルダ

関連付け
クリップボード
ヘルプ
レジストリ
サービス
ログイン画面
IME
効果音
タスクマネージャ
デバイスマネージャ
スケジューラ
自動更新
イベントビューア

キーボード
マウス

スキャンディスク
デフラグ
ユーザ管理
Ctrl+Alt+Del
ネットワークの設定
プロキシの設定

環境変数
プロセス優先順位

アンチウイルス
ファイルセキュリティ
ファイヤーウォール

システムスタートアップ
システムのプロパティ
インデックスサービス
管理者として実行
セーフモード
ブルースクリーン
キャッシュファイル
boot.ini

ソフトウェア
Windowsから
Ubuntuへの移行のためのページ

sysvinit, upstart

いままでのLinuxはシステムのスタートアップにsysvinitを使っていたが、Ubuntuはupstartを使う。 upstartはまだ黎明期のため、sysvinitと同じような動作になるように設定されている。

upstartはジョブとイベントで構成される。

ジョブ

/etc/event.d/の中にあるファイルはすべてジョブ。ジョブには自分がやる仕事と、それがいつ行われるかを記述する。 自分がやる仕事はexecかscript,end scriptで書き、いつ行われるかはstart on, stop onで書かれる。

イベント

ジョブのstart onに続く記述がイベントと呼ばれる。init起動時にstartupというイベントが発行される。 イベントはカーネルやハードウェアからも発行させることができ、これによりhotplugに対応できるようになる。

Ubuntuの起動

  1. startupイベントが発行されると、/etc/event.d/rcSが動く。
  2. rcSが終わると、/etc/event.d/rc-defaultが動く。(start on stopeed rcS)
  3. rc-defaultはブートパラメタや/etc/inittabを見て、それが無ければtelinit 2する。
  4. telinit 2はrunlevel 2イベントを発行する。
  5. /etc/event.d/rc2が動く。
  6. /etc/rc2.d/S*が動く。ここでgdmが起動。
  7. rc2が終わると、/etc/event.d/tty*が動く。

initctlコマンド




Win2buntu 2011(MAIL) Conversion time : 0.025641