TOP
基本用語
フォルダ構成
ファイルの場所
ディレクトリ構造
簡易対応表
基本的な違い
基本的なコマンド
よく使うコマンド
パッケージ管理

エクスプローラ
タスクバー
ネットワークフォルダ
ショートカットファイル
アイコン
共有フォルダ

関連付け
クリップボード
ヘルプ
レジストリ
サービス
ログイン画面
IME
効果音
タスクマネージャ
デバイスマネージャ
スケジューラ
自動更新
イベントビューア

キーボード
マウス

スキャンディスク
デフラグ
ユーザ管理
Ctrl+Alt+Del
ネットワークの設定
プロキシの設定

環境変数
プロセス優先順位

アンチウイルス
ファイルセキュリティ
ファイヤーウォール

システムスタートアップ
システムのプロパティ
インデックスサービス
管理者として実行
セーフモード
ブルースクリーン
キャッシュファイル
boot.ini

ソフトウェア
Windowsから
Ubuntuへの移行のためのページ

ネットワークフォルダ, samba, GnomeVSF

Windowsの共有フォルダにアクセスするにはnautilusを起動し、[移動][ネットワーク]を選べば一覧を表示できる。 この時nautilusはGnomeVSFを使ってアクセスしており、そのパスはsmb://computer/folderのようになる。

Windowsが共有フォルダにアクセスする時のパスは//computer/folderのような書式で、このパスはWindowsAPIのレベルで認識できるため、共有フォルダを普通のフォルダのように扱うことができる。

GnomeVFSのパスはLinuxAPIでは理解できない形式なので通常のファイルのように扱うことができない。 通常のファイルのように扱うためにはGnomeVFSとは別の仕組みであるsmbfsやcifsを使ってマウントしなければならない。

GnomeVFSコマンド

  1. gnomevfs-ls
  2. gnomevfs-ls computer:///
  3. gnomevfs-df, gnomevfs-cp, ...

cifsを使ってネットワークフォルダをマウントする

[ここまだ]

autofsを使って自動マウントする

[ここまだ]




Win2buntu 2011(MAIL) Conversion time : 0.003259