TOP
基本用語
フォルダ構成
ファイルの場所
ディレクトリ構造
簡易対応表
基本的な違い
基本的なコマンド
よく使うコマンド
パッケージ管理

エクスプローラ
タスクバー
ネットワークフォルダ
ショートカットファイル
アイコン
共有フォルダ

関連付け
クリップボード
ヘルプ
レジストリ
サービス
ログイン画面
IME
効果音
タスクマネージャ
デバイスマネージャ
スケジューラ
自動更新
イベントビューア

キーボード
マウス

スキャンディスク
デフラグ
ユーザ管理
Ctrl+Alt+Del
ネットワークの設定
プロキシの設定

環境変数
プロセス優先順位

アンチウイルス
ファイルセキュリティ
ファイヤーウォール

システムスタートアップ
システムのプロパティ
インデックスサービス
管理者として実行
セーフモード
ブルースクリーン
キャッシュファイル
boot.ini

ソフトウェア
Windowsから
Ubuntuへの移行のためのページ

ショートカットファイル, シンボリックリンク, ハードリンク

Windowsのショートカットファイルは拡張子lnkのファイル。アイコンに矢印が表示されているファイル。 スタートメニューの中のアイテムとかクイック起動とかもショートカットファイル。

ショートカットファイルの実体はバイナリー、対象ファイルのパスや起動オプションなどの情報が入っている。 ショートカットキーを割り当てることもできる。主にエクスプローラで管理されるためコマンドラインなどからはうまく使えない。

アプリケーションのショートカットファイルをダブルクリックすると、アプリケーションが起動され、 一般ファイルのショートカットが起動されると、対象ファイルの拡張子に応じたアプリケーションが起動され、引数に対象ファイルのパスが渡される。

Ubuntuではカーネルレベルで管理されるシンボリックリンクハードリンクがある。主にシンボリックリンクが使われる。 アプリケーションはこれらのファイルを直接開いたり書き込んだりできる。

シンボリックリンクとハードリンクの違い

シンボリックリンクにはリンクとリンク先と言う概念がある。シンボリックリンクを削除しても リンク元のファイルは削除されない。ハードリンクはハードディスク上のファイル実体に直接リンクする。そしてこれは普通のファイルと同じ構造。 よってリンク元、リンク先という概念がなくなる。ハードリンクされたファイルの実体は参照数が2になる。 この結果、元々のファイルを削除しても、ハードリンクがどこかに存在すればファイルの実体は削除されず、参照数が1になるだけである。 よって安全にファイルを削除したい場合は注意が必要になる。

シンボリックリンクを作成するln -sコマンド

$ ln -s dir/original linkfile

ハードリンクを作成するlnコマンド

$ ln dir/original hardlinkfile

シンボリックリンクはリンク元がなくてもいい

$ ls naifile
ls: cannot access naifile: No such file or directory
$ ln -s naifile myfile
$ ls -l myfile 
lrwxrwxrwx 1 xxx xxx 7 2008-05-22 06:13 myfile -> naifile
$ cat myfile 
cat: myfile: No such file or directory
$ 

ハードリンクはリンク元がないとダメ

$ ls naifile
ls: cannot access naifile: No such file or directory
$ ln naifile myhardlink
ln: `naifile' にアクセス中: No such file or directory
$ ls -l myhardlink
ls: cannot access myhardlink: No such file or directory
$

ハードリンクを作成後、リンク先を削除してみる

$ mkdir secret
$ cat > secret/secretfile
this is yabai data
$ ln secret/secretfile hardlinksecretfile
$ cat hardlinksecretfile 
this is yabai data
$ rm secret/secretfile 
rm: remove 通常ファイル `secret/secretfile'? y
$ cat hardlinksecretfile 
this is yabai data
$ 

ファイルを完全に消すshredコマンド

$ mkdir secret
$ cat > secret/secretfile
this is yabai data
$ ln secret/secretfile hardlinksecretfile
$ cat hardlinksecretfile 
this is yabai data
$ shred -u secret/secretfile 
$ cat hardlinksecretfile 
$

デスクトップファイル

Windowsのショートカットに対応するようなファイル、デスクトップファイルがある。 拡張子は.desktopでこのファイルが~/Desktopなどにあると特別な動作になる。 このファイルはテキストファイルでアプリケーションのいろいろな情報が記述されている。

このファイルがあれば、メニューにアプリケーションを追加したり、アプリ実行ダイアログで表示したり、 アプリにアイコンを指定したり、アプリとmime-typeを関連付けできたりする。

デスクトップファイルを/user/share/application/におくとシステム共通として使え、~/.local/share/applications におくとユーザ用として使える。



Win2buntu 2011(MAIL) Conversion time : 0.0035879999999999