IPv6を有効にしないとEdgeがネットに接続できない

Windows10のバージョン1809になってからEdgeがIPv4だと接続できないようだ。うちの環境ではLAN内に内側だけのDNSサーバを置いていてIPv6対応になっていないので、IPv6は無効にしていたのでEdgeで接続できなくなった。

DNSサーバをIPv6対抗してもいいのだがプロバイダも対応していないので無理にやってもしょうがない気がする。

射影IPv6

そこで登場するのが射影IPv6。これはIPv6でIPv4のアドレスを使うようなもの。DNSサーバをIPv6対応しなくてもWindowsのIPv6のDNSサーバの設定をこの射影IPv6にすれば上記の問題を解決できる。射影Ipv6の形式は以下。

192.168.10.10はIpv4。ここの部分を自分の環境のIpv4アドレスに変えてDNSサーバの欄に入力すれば。IPv6を有効にしてもちゃんと動くので。Edgeを使えるようになる。

Posted in Uncategorized

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)