ユーザ用ツール

サイト用ツール




clr:実行手順

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
clr:実行手順 [2010/02/06 16:13]
admin
clr:実行手順 [2010/02/06 16:30]
admin
ライン 1: ライン 1:
 {{indexmenu_n>​7}} {{indexmenu_n>​7}}
-====== ​かけかな ​======+====== ​アセンブリが実行され手順 ​====== 
 +===== Windows98やWindows2000の場合 ​=====
  
 +アセンブリがコンパイルされるときmscoree.dllが必要なdllとして指定され、PEの.textセクションには_CorExeMainへのジャンプ命令(x86)が記述される。_CorExeMainはmscoree.dllの中にある関数である。
 +
 +
 +_CorExeMainはCLRを立ち上げ、exeの中のマネージコードのエントリポイントを探し実行を開始する。
 +
 +アンマネージコードがdllアセンブリをLoadLibrary()した場合は_CorExeMainの代わりに_CorDllMainが呼ばれる。
 +
 +===== WindowsXP以降の場合 =====
 +
 +PEヘッダのIMAGE_DIRECTORY_ENTRY_COM_DESCRIPTORをみてマネージドであることを判断し、OSがやる。上の方法は使わない。上の方法はx86コード埋め込みなのでこっちのほうが汎用的。



/var/www/html/virtual/cppcli/data/pages/clr/実行手順.txt · 最終更新: 2013/12/23 09:08 (外部編集)